【東京オートサロン2018】敷居は決して高くない、バリエーション豊富なメルセデス・ベンツブース

3年連続で輸入車新規登録台数が1位となったメルセデス・ベンツ。都内では多くのメルセデス・ベンツ車が街中を走っているのを見かけますが、一般庶民である我々にとってお高いクルマであることは間違いありません。

オートサロンのブースもそんなお高い雰囲気が溢れているのでしょと、ひがんでしまう(?)アナタ。それは違います。

今ショーの同社ブースはAMG、メルセデス・ベンツ、スマートと大きく3つのエリアにわかれブランドそれぞれでバリエーション豊富な展示車が用意されています。

まず、ブース入り口からステージにかけて展示されているのはAMG。4LV8エンジンを搭載した「メルセデスAMG GT S」。

さらにステージには2017年のスーパーGT、GT300クラスを制したメルセデスAMG GT3「グッドスマイル初音ミクAMG」が展示。レース好きはもちろん、初音ミクファンも注目しちゃう一台です。

『東京オートサロン2018』の最新記事

セクシーGALのカーウォッシュショー!自動車を買ったら、スズキ・スイフトが当たる!!って凄過ぎない!?【バンコク・オートサロン2018】
【東京オートサロン2018】ケン・ブロックがデモラン&トークショーに登場!普段乗っているクルマもカスタムしているの?
【東京オートサロン2018】会場で見つけた有名人 谷口信輝、東京オートサロン2018を語る編
M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
【東京オートサロン2018】Legend of the BNR32「GReddy RX」の名はBNR34が継承【Play Back the OPTION Spin off】

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事