BMWの電動SUV「XM」に748馬力のハイエンド「XM Label Red」。赤いラインが最強の証

■4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンに高性能電気モーターを強化

BMWは9月28日、「M」ブランド初の電動クロスオーバーSUV『XM』を発表しましたが、その頂点に設定される本丸「XM Label Red」市販型の画像が流出、スウェーデンのエージェント経由で入手しました。

BMW XM Label Red
BMW XM Label Red 流出画像

XMは、M1以来のBMW初のスタンドアロンMモデルとなります。パワートレインには、4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンに高性能電気モーターを組み合わせた「Mハイブリッド」を搭載、最高出力は644ps、最大トルク800Nmを発揮します。

BMW XM_004
BMW XM

対して未公開の「Label Red」では、同エンジンと電気モーターに加えられた変更により、最高出力748ps、最大トルク997Nmを発揮、ベースモデルが0-100km/h加速4.1秒なのに対し、Label Redでは4秒未満に短縮されると思われます。

BMW XM_005
BMW XM

BMWオーストリアのSNSで誤って投稿されたリーク画像は、ダークブルーにボディをペイント、標準のXMの「ナイトゴールド」トリムの代わりに、フロントグリル、ウィンドウライン、ショルダーラインに赤いアクセントが付いているほか、ウィンドウ越しに見える内部には赤いシートを装備していることが最大のポイントです。

また、BMW Xの公式公開写真では、オプションの23インチホイールを装着しているのに対し、XMラベルレッドはより小さな22インチホイールを装着しているように見えます。

XMラベルレッドは2023年秋にモデルラインアップに追加予定で、価格は185,000ドル(約2,600万円)と予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?