前後2カメラ式ドライブレコーダー「DRV-MR870」がケンウッドから登場。後方からのあおり運転を検知する「AIセンシング」を搭載

■同社の市販向けで初めて3年長期製品保証を付与

ドライブレコーダーは、新規購入だけでなく買い替え需要も高まるなど、新たな段階に入りつつあるようです。

ソニー損害保険の「全国カーライフ実態調査」によると、2021年の装着率では43.0%、2022年8月の発表では49.3%と、半数近くが装着済みと回答しているようです。

現在のドライブレコーダーは、前後方向が撮影できる前後2カメラ式などが人気を集めています。

ケンウッド ドライブレコーダー
前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR870」

そんな中、JVCケンウッドは、「ケンウッド」ブランドよりドライブレコーダーの新ラインアップとして、前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR870」を、2022年10月下旬に発売します。

ケンウッド ドライブレコーダー
左がフロント用、右がリヤ用カメラ

同モデルはJVCケンウッドの市販向けドライブレコーダーとして、初めて3年間の長期製品保証が付与されたモデル。

最大容量128GBまでのmicroSDカードを2枚同時に挿せる「microSDカードダブルスロット」が搭載され、最大約100時間の長時間録画に対応(128GBのSDカードを2枚同時に挿し、解像度800×480、フレームレート3.2fpsで録画した場合)しているのが特徴です。

さらに、前後両カメラに、F1.6の明るいレンズ、約500万画素のCMOSセンサー「STARVIS」が搭載され、暗い環境下でもノイズの少ない高感度録画、フルハイビジョンの約1.8倍の解像度となるWQHDでの高画質録画を可能としています。

ケンウッド ドライブレコーダー
後方からのあおり運転を自動検知する「AIセンシング」を採用

また、安心、安全なドライブをサポートする機能も用意。後方からの急接近や蛇行運転などのあおり運転を自動で検知する「AIセンシング」をはじめとした運転支援機能も搭載されています。

そのほか、「HDR(ハイダイナミックレンジ)機能」の搭載により、トンネルの出入り口など明暗差の大きなシーンで安定した録画ができます。

リヤカメラには、「スモークシースルー機能」が搭載され、リヤガラスがスモークガラスの車両にも対応。リヤガラスに合わせて設定を3段階で調整可能で、後方映像も明るく鮮明に録画できます。

ケンウッド ドライブレコーダー
フロント用カメラ

さらに、別売の車載電源ケーブル「CA-DR100」を使うことで、24時間365日の駐車録画に対応。駐車中にフロントカメラ内蔵のGセンサーが振動を検知すると、ドライブレコーダーが起動して前後2台のカメラで撮影された映像を記録(1ファイル60秒)。その後、駐車録画フォルダに保存されます。

微小な暗電流を使用するためバッテリーへの負担も抑制されるので安心です。

●価格:オープン
●市場想定価格:4万4000円(税込)

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。