世界最高峰ワゴン、ベントレー「マリナー バトゥール シューティングブレーク」を提案

■ルーフはリアクォーターウィンドウとともにはるかに長く、ハイライディングに

ベントレーは8月の「モントレー・カー・ウィーク2022」にて、「マリナー バトゥール」を発表、ブランドのデザイン方向性を示しましたが、派生ワゴンモデルとなる「シューティングブレーク」を提案しました。

ベントレー マリナー バトゥール_006
ベントレー マリナー バトゥール

お馴染み「X-Tomi Design」による最新の非公式CGは、ベントレーにより製造されることはないと思われますが、実に素晴らしいマシンに完成しています。

ベントレー マリナー バトゥール_003
ベントレー マリナー バトゥール

シューティングブレーク変更への大部分はボディ後部で、ルーフはリアクォーターウィンドウとともにはるかに長くされています。

クーペで傾斜していたCピラーはより直立し、延長されたルーフを支えています。後部に誕生した十分なスペースにより、後部アクティブエアロウィングがなくなり、サスペンションが高くなるほか、下部にクラッディングが追加されます。

マリナー バトゥールは、将来のベントレーモデルをプレビューしたモデルです。たとえば、丸みを帯びた分割ヘッドライトはなくなり、洗練されたモダンなユニットに置き換えられ、また、改良されたグリル、よりアグレッシブな下部バンパー、および以前のモデルとは異なるスタイリングの新設計でデビューしました。

パワートレインには6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載、最高出力740ps・最大トルク1,000Nmを発揮する同ブランド史上最強クーペとして誕生しています。また限定18台、価格は200万ドル(約2億7000万円)と、こちらもベントレー史上最高額の設定となっていることも注目です。

前述したように、マリナー バトゥールにシューティングブレークが設定される可能性は限りなく低いですが、これほどの高級ワゴンが見られることも少なく、ぜひ提案したいモデルの1台と言えるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?