ダイハツ・タフトにタフさを磨き上げた特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」が追加

■ダークブラックメッキ加飾やブラックマイカメタリックをアクセントカラーに配置

以前お伝えしたように、ダイハツ・タフトに新たな特別仕様車である「ダーククロム ベンチャー」が追加され、2022年9月21日(水)に発売されました。同時に、タフトのカタログモデルも一部改良を受けています。

ダイハツ・タフト
「Gダーククロム ベンチャー」のイメージ

特別仕様車の「ダーククロム ベンチャー」は、タフさを醸し出す「ダークブラックメッキ」やガンメタリック塗装、「ブラックマイカメタリック」加飾が施されています。

ダイハツ・タフト
フードガーニッシュ(メッキ)&シルバーアンダーガーニッシュ

具体的には、フードガーニッシュ&バックドアガーニッシュに「ダークブラックメッキ」が施され、ボディ前後にガンメタリックアンダーガーニッシュを配置。さらに、カラードドアミラーとドアアウターハンドルに「ブラックマイカメタリック」がペイントされています。

ダイハツ・タフト
ガンメタリック塗装の15インチアルミホイール

足元には、ガンメタリック塗装の15インチアルミホイールを装着。インテリアには、シルバーステッチ付フロントセパレートシート、ダークシルバー加飾のインテリアアクセントが用意されています。

ダイハツ・タフト
新色の「レーザーブルークリスタルシャイン」

また、カタログモデルも含めて、好評のアースカラーに、新たな「セラミックグリーンメタリック」、力強さを抱かせる「クロムグレーメタリック」「レーザーブルークリスタルシャイン」の3色を追加設定。

ほかにも、音声認識機能やワイヤレス接続に対応した9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ(音声認識機能追加、ワイヤレスApple CarPlay対応、HDMIソケット追加、ダイハツコネクト対応)をメーカーオプション設定するなど、使い勝手の向上も盛り込まれています。

ダイハツ・タフト
「Gダーククロム ベンチャー」のインパネ

ほかにも、エンジン制御の最適化により燃費性能を向上させ、全車において「2020年度燃費基準」「2030年度燃費基準75%」を達成。環境性能割とエコカー減税の適合範囲が拡大されています。

ダイハツ・タフト
「Gダーククロム ベンチャー」のリヤビュー

ダイハツ・タフトは、スズキ・ハスラーと激しい販売競争を繰り広げていて、2022年7月はタフトが5576台、ハスラーが5361台。8月は、ハスラーが4733台、タフトが3809台となっています。タフトの特別仕様車の追加などにより、テコ入れが図られたことになります。

●ダイハツ・タフト価格帯:135万3000円〜180万4000円
●ダーククロム ベンチャー価格帯:155万6500円〜180万4000円

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。