新型クラウンが遂に今夏発表!? フルモデルチェンジでワールドモデルへ

■クーペルックを深化させ、7月発売へ

フルモデルチェンジに伴う生産移行に向け、3月いっぱいで現行モデルのオーダーをストップしたトヨタブランドのフラッグシップセダン「クラウン」。

現行クラウンのエクステリア

トヨタ自動車は今夏の次期モデル発売を目指しているようで、販売店では先行受注を間近に控え、顧客対応に動き出しているようです。

次期クラウンのエクステリア(筆者予想)

各種情報によると、16代目となる次期クラウンでは、現行モデルの「クーペルック」をさらに深化させ、その外観は昨年末の「バッテリーEV戦略に関する説明会」で公開された「bZ SDN」に似たものになっているようです。

同モデルをベースに車高をアップしたクラウン「クロス」の存在も噂されており、さらにはステーションワゴンを復活させるなど、クラウンのシリーズ化を図る模様。

新型では現行のGA-Lプラットフォームに代わり、カムリやレクサスES、RAV4、ハリアーに採用されているFF/4WD用の「GA-K」プラットフォームを採用。

現行クラウンのドライブトレーン

最大の特徴は、ベースがこれまでのFR仕様から歴代初となるFF仕様になる点で、パワーユニットは2.5Lの直4ガソリン仕様と、同ハイブリッド仕様を設定。

モーター搭載による4WD仕様(E-Four)も設定され、前後輪トルク配分を自在に変更可能な最新型制御を採用。新型クラウンではこの4WD仕様が上級グレードの主軸になるものと予想されます。

また、駆動方式変更に伴い、エンジンを縦置きから横置きに変更することでフロントオーバーハング縮小が可能となるため、キャビンやラゲッジ容量の拡大が期待できます。

●4ドアクーペのほかに「クロス」や「ステーションワゴン」も登場

次期クラウンのエクステリア(筆者予想)

新型クラウン発売のトップバッターは、ベースモデルでもある「4ドアクーペ」になる見込みで、クラウン「クロス」や「ステーションワゴン」がそれに続いて順次登場する形になりそう。

ちなみに、新型は国内市場に留まらず、北米や欧州、中国市場などにも導入される模様で、これまでの“いつかはクラウン”が、ついに「世界のクラウン」として羽ばたくことになりそうです。

Avanti Yasunori

【関連記事】

その名は「SAKURA(サクラ)」!? 日産・三菱自共同開発の軽EVが登場秒読み !
https://clicccar.com/2022/04/11/1176488/

【速報】新型ホンダ「シビック TYPE R」が鈴鹿サーキットでFF最速ラップタイムをマーク!
https://clicccar.com/2022/04/08/1175686/

滑らせても凄い新型「GRカローラ」から秋のマイチェン仕様が見えた!
https://clicccar.com/2022/04/06/1174977/

3代目レクサス「IS」のココに注目! トヨタの製造技術の高さが光るポイントとは?
https://clicccar.com/2022/03/26/1171843/

クラウンが年内にフルモデルチェンジ!? 派生モデル追加でシリーズ化へ
https://clicccar.com/2022/02/26/1164289/

【関連リンク】

トヨタ クラウン
https://toyota.jp/crown/