日本でも発売!? トヨタが誕生10周年を記念した特別な「GR86」を計画か?

■「Premium 10th」および「Premiumu 10th ES」の2モデルか

トヨタの2ドアスポーツカー「GR86」が「Scion FR-S」として北米に導入されてから10年を記念し、特別なGR86を計画していることがわかりました。

トヨタ VINデコーダー_001
トヨタ VINナンバーデコーダー

これは北米スバルが米国運輸省の部局「NHTSA」に送ったVINナンバーデコーダから発覚、そのデータをスウェーデンエージェントから入手しました。

NewNissanZフォーラムで共有されているドキュメントでは、2023スバルインプレッサ、スバルBRZ、およびトヨタGR 86のVINデコーダーがすべて展示されており、新しいトリムが存在することが確認できるのです。

トヨタ GR86_005
トヨタ GR86

そこには「Premium 10th」「Premium 10th ES」という文字が明記されているほか、マニュアルとオートマチックトランスミッションが提供されることも確認できます。

ESモデルには、スバルの先進運転支援システムADAS「アイサイト」が搭載される可能性があり、オートマチックのみの設定が提供されることになりそうです。

現段階でスペックのアップグレードに関する情報はなく、エクステリアの差別化が予想されます。その場合、ボンネットの下には最高出力235psを発揮する2.4リットル水平対向4気筒が搭載されることになります。

初代86は日本市場でも2012年に発売、今年で10周年を迎えるため、日本市場でも発売される可能性がありそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?