トヨタbZ4Xプロトタイプに清水和夫「高級スポーツカーみたいだな。これからは血管に電気通すか!」

■今までは血管にはガソリンが流れていたけど、これからは電気を流すのも良いかも♪by清水和夫

●トヨタとスバルの協業で生まれたブレーキ&スロットルのバイワイヤ技術

清水和夫×bZ4X
清水和夫×bZ4X、親分は何を思ったのか?

話題のBEV(バッテリーEV)、トヨタ「bZ4X」プロトタイプに試乗した国際モータージャーナリスト・清水和夫さん。

常日頃「オレの血管にはガソリンが流れている」と言っている清水さんですが、今回、このトヨタ・bZ4Xプロトタイプに試乗したら、あまりの出来の良さに「これからは血管に電気流してもいいかも♪」って(笑)。

ま、評価に厳しい清水さんなので、褒めることだらけではないのは当然。なにが良くて言いたいことは何があるのか?…気になります。

●全輪駆動か前輪駆動か?「後輪駆動でも良かったかも」

清水和夫×bZ4X
トヨタbZ4Xに清水和夫が乗った!

清水さんは駆動違い、タイヤサイズ違いの3台を試乗しています。4WDの18インチと20インチ、そしてFWD(前輪駆動)の20インチです。

「『FF』とは言わないんだよね、フロントにエンジン無いから」(FF=フロントエンジン・フロントドライブ)。なので、FWD=フロント・ホイール・ドライブ。

この駆動輪の違いを、清水さんはどう評価しているのでしょうか?

清水和夫×bZ4X
清水和夫×bZ4X

「FWDは前に150kWのモーターを搭載していますね。4WDだと前後80kWずつで合計出力160kW。パワーウエイトレシオを考えたら、ドライならFWDのほうが速いかも。ただ、後輪駆動じゃなくて前輪駆動だから、150kWでフロントタイヤが悲鳴を上げなければいいけどね。

でも、同じ2輪駆動にするんだったらリヤモーターのほうがよかったんじゃない?という気はするけど、どうなんだろ。

前後の重量配分とかを考えると、ちょっとフロントが辛そうな感じはあるよね。4WDのほうがリーズナブルな走りをしています。でもそれは本当にわずかな違いなので、値段を考えたらこの前駆け(FWD)モデルでもいいかと思っちゃいますね。

ただ、150kWのモーターと80kWのモーターがあるから、リヤを150kWにしてフロント80kWで、合計で230kWのEVを作ったら凄いんじゃないかと思うけど。それは、今あるユニットを組み合わせればできちゃうんですよね」(清水)。

ということで、4WD&FWDのドライブモードやワンペダル、トヨタ初のステアバイワイヤ、そのほかインプレッションは動画に続く!

(試乗インプレッション:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの

清水和夫×bZ4X
bZ4Xプロトタイプの主なスペック

【SPECIFICATIONS】
・ボディサイズ
全長×全幅×全高:4690×1860×1650mm(to アンテナ)
ホイールベース:2850mm
・モーター
種類:交流同期電動機
最大出力:
FWDモデル フロントモーター150kW
4WDモデル フロントモーター 80kW/リアモーター 80kW
システム最大出力:FWDモデル 150kW/4WDモデル 160kW
・動力用主電池
種類:リチウムイオン電池
総電圧:355V
電力量:71.4kWh
・充電性能
AC充電器最大出力:6.6kW
DC充電器最大出力:最大150kW
・一充電走行距離(WLTCモード)
FWDモデル 500km前後
4WDモデル 460km前後
・加速性能
0→100km/h 加速:FWDモデル 8.4秒/4WDモデル 7.7秒

【関連記事】

祝!清水和夫68歳&免許取得50周年♪誕生日を記念して911 GT3 RSニュル激走シーンをお届け!ポルシェ・スペシャリストの走りは?【SYE_Xアーカイブ】
https://clicccar.com/2022/02/11/1160767/

レクサスNX450h+の進化したLKASを清水和夫が体感してみた。「人とシステムがほどよく協調。ヨシ、合格点!」
https://clicccar.com/2022/01/12/1151028/

トヨタの新型ランドクルーザーは清水和夫の次期愛車候補No.1!重さを感じさせない軽快感がいいねぇ!
https://clicccar.com/2021/10/08/1123505/

レクサスRX450hLを清水和夫が頑固チェック! どういう3列シートがいいか、大型SUVの課題とは?
https://clicccar.com/2021/09/22/1118769/

レクサス初のBEV「UX300e」を清水和夫がチェック!トヨタはBEV開発で遅れてるわけじゃない!
https://clicccar.com/2021/07/09/1099430/

EV嫌いの清水和夫も驚愕!「マツダMX-30 EVは蕎麦屋のカレーライス。意外と旨い!」【SYE_X】
https://clicccar.com/2021/04/08/1073596/

【関連リンク】

StartYourEnginesX
https://www.youtube.com/user/StartYourEnginesX

この記事の著者

清水和夫

清水和夫 近影
1954年生まれ東京出身/武蔵工業大学電子通信工学科卒業。1972年のラリーデビュー以来、スーパー耐久やGT選手権など国内外の耐久レースに参加する一方、国際自動車ジャーナリストとして活動。自動車の運動理論・安全技術・環境技術などを中心に多方面のメディアで執筆し、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレーターとして多数の出演経験を持つ。clicccarでは自身のYouTubeチャンネル『StartYourEnginesX』でも公開している試乗インプレッションや書下ろしブログなどを執筆。