通勤快速スクーターがモデルチェンジ! ホンダ原付2種「リード125」に新エンジン搭載

■スマートキーやタイプC対応USBソケットも装備

ホンダは、通勤などで使い勝手がいい優れた実用性とスタイリッシュなデザインが人気の原付2種(第2種原動機付自転車スクーター「リード125」をモデルチェンジしました。

ホンダリード125の2022年新型
リード125の「マットテクノシルバーメタリック」

力強い走りと低燃費を両立する水冷4バルブ単気筒エンジン「eSP+」を新たに搭載したほか、エンジン始動時などに便利なスマートキー、タイプC対応のUSBソケットなどを装備して、2022年3月24日に発売されます。

●新エンジンで49.0km/Lの高い燃費性能

リード125は、1982年に2ストローク単気筒エンジンを搭載した初代モデルが登場して以来、街中での軽快な走りや高い実用性などにより、現在も根強い人気を誇るロングセラーの原付2種スクーターです。

ホンダリード125の2022年新型
初代リード125

現行モデルは2013年に登場。環境にも配慮した4ストローク単気筒エンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載し、上質感に溢れるスタイルや大容量のシート下スペースなどによる高い利便性により、通勤などで便利な大人のスクーターとして大きな支持を受けています。

今回のモデルチェンジでは、まず、エンジンを従来の2バルブを4バルブ化するなどで、より力強い走りと低燃費を両立した124cc・水冷単気筒エンジン「eSP+(イーエスピープラス)」を新搭載。

最高出力11ps・最大トルク1.2kgf-mを発揮すると共に、WMTCモード値で49.0km/L(1名乗車時)という優れた燃費性能を実現しています。

●ボディカラーは全4色

さらに、新型では実用性もよりアップグレード。まず、新たに「ホンダ・スマートキーシステム」を採用します。

ホンダリード125の2022年新型
リード125の「パールダークアッシュブルー2」

これは、クルマのスマートキーのように、キーを携帯していれば、ポケットやバッグなどに入れたままでも、スイッチ操作でエンジンのオン/オフが可能になるというもの。

ほかにも、ハンドルロックの施錠/解錠、シートとフューエルリッドの解錠といった操作が、キーを取り出さずに素早く行えます。

また、フロントインナーボックス内にあり、スマートフォンの充電などができるUSBソケットはタイプCに対応。従来から定評があるシート下スペースのラゲッジボックスは37Lの大容量を確保することで、ヘルメットやB4サイズのバッグなどの収納に便利です。

ボディカラーは全4色を用意します。

まず、「マットテクノシルバーメタリック」は、シルバーをベースに、フロントカバー、ハンドルカバーガーニッシュ、リヤキャリアにブラックを施したツートーンカラー仕様。エンブレムやフロントブレーキキャリパー、リヤサスペンションスプリングをレッドとすることで、スポーティな印象も演出します。

ホンダリード125の2022年新型
リード125の「パールジャスミンホワイト」

また、「パールジャスミンホワイト」「パールダークアッシュブルー2」「ポセイドンブラックメタリック」の3色には、フロントカバー上部にあるトップカバー周辺にメッキのリングをあしらうことで、より上質感のある雰囲気も醸し出しています。

さらに、別売りの純正アクセサリーにも、より収納性を高めるトップボックス、防風効果が高いウインドシールドなど、豊富なラインアップを用意。ユーザーの幅広い用途に対応しています。

価格(税込)は、マットテクノシルバーメタリックが33万円、そのほかの3色が32万4500円です。

(文:平塚直樹

この記事の著者

平塚 直樹

平塚 直樹 近影
自動車系の出版社3社を渡り歩き、流れ流れて今に至る「漂流」系フリーライター。実は、クリッカー運営母体の三栄にも在籍経験があり、10年前のクリッカー「創刊」時は、ちょっとエロい(?)カスタムカー雑誌の編集長をやっておりました。現在は、WEBメディアをメインに紙媒体を少々、クルマ選びやお役立ち情報、自動運転などの最新テクノロジーなどを中心に執筆しています。元々好きなバイクや最近気になるドローンなどにも進出中!