GORDON MILLER(中ホール・5)はアパレルからカスタマイズカーまで展示し、ガレージライフを提案【東京オートサロン2022】

●プロが認める機能性や耐久性が特徴のグッズがズラッと勢揃い

2022年1月14日~16日、千葉県にある幕張メッセで東京オートサロン2022が開催されています。中ホール5にあるGORDON MILLER(ゴードンミラー)ブースについて紹介します。

東京オートサロン2022_GORDON MILLER_001
GORDON MILLERブースの外観

アパレルやカー用品などを販売する、ガレージライフスタイルブランドの「GORDON MILLER」。様々な全国のオートバックスを含めた既存店でも扱っています。

そのゴードンミラーが東京オートサロン2022に過去最大規模のブースを出展しています。

ブース内には、ゴードンミラーのエッセンスを凝縮したオリジナルカーレーベルであるゴードンミラーモータズが手掛けたトヨタハイエースベースの「GMLVAN V-01」、そして日産NV-200ベースの「GMLVAN C-01」を展示。

東京オートサロン2022_GORDON MILLER_002
GORDON MILLERが手掛けたカスタマイズカー

「GMLVAN V-01」は丸目四灯フェイスがクラシックなバン。

前面のほぼすべてのパーツをオリジナルで作り替えているほか、前から後ろまで側面を横切るブラックのサイドガーニッシュも装備。正面はもちろん、横から見てもベース車両の面影がない<V-01>だけのルックスが特徴です。

東京オートサロン2022_GORDON MILLER_005
プロが認める機能性と耐久性が特徴

内装は大部分が無垢のリアルウッドに覆われ、他のクルマにはない温もりや風合いを感じられます。

また、テーブルやベッドなどさまざまな形に変化できる構造の広大な後部スペース、収納力を高めるトランクルームなどキャンプや車中泊、ロードトリップをより豊かにする機能を満載しています。

東京オートサロン2022_GORDON MILLER_004
洗車用具などを入れられる収納BOX

「GMLVAN C-01」は5ナンバーサイズのNV200バネットがベース。見通しもよく乗用車に近い運転感覚なので街中でも快適なドライブが楽しめます。

「GMLVAN V-01」同様にフレキシブルな車内構造や天然のウッドの内装を備えており、車中泊時のベッドモードでは奥行き184cmの十分な就寝スペースを確保。軽いフットワークのまま自分らしいVANLIFEを実現できます。

東京オートサロン2022_GORDON MILLER_003
防水加工や動きやすい工夫が施されたアパレル

ブース内には、アパレルから洗車用具まで様々なアイテムを展示。取り扱うアイテム数は300を超えており、その中から人気の高いアイテムが並んでいます。

ゴードンミラーのアイテムは、プロが仕事に使えるように作られた高い機能性と耐久性が特徴。頑丈な素材や動きやすさを考えたデザインそして最近ではキャンプ用に防燃性の素材を使用するなどタフギアと呼べる商品も充実しています。

東京オートサロン2022_GORDON MILLER_006
洗車用具なども充実している

2021年には初の路面店を東京の蔵前にオープン。その勢いは留まるところをしりません。

(文、写真:萩原文博)

この記事の著者

萩原 文博

萩原 文博 近影
クルマ好きの家庭教師の影響で、中学生の時にクルマ好きが開花。その後高校生になるとOPTIONと中古車情報誌を買い、免許証もないのに悪友と一緒にチューニングを妄想する日々を過ごしました。高校3年の受験直前に東京オートサロンを初体験。そして大学在学中に読みふけった中古車情報誌の編集部にアルバイトとして働き業界デビュー。その後、10年会社員を務めて、2006年からフリーランスとなりました。元々編集者なので、クルマの魅力だけでなく、クルマに関する情報を伝えられるように日々活動しています!