ついに見えた最終デザイン!メルセデス・ベンツ「EQE SUV」開発車両をスクープ!

■ライバルはBMW「iX」。市販型コンポーネントを初装着

メルセデス・ベンツは、2022年内に少なくとも1台のエレクトリックモデルをラインアップに追加しますが、その1台である「EQE SUV」の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス・ベンツ EQE SUV_002
メルセデス・ベンツ EQE SUV 市販型プロトタイプ

極寒のスカンジナビアでキャッチした開発車両は、未だボディを完全にカモフラージュしています。

しかし、曲線的なフロントエンド、ヘッドライトを側面に配置したグリル、流線型のボディワークと滑らかなフロントガラスを見ることができます。

側面では後部へ上昇するベルトラインや、フラッシュマウント・ドアハンドルを確認、後部では、リフトゲートに取り付けられたスポイラーと、直列したリアエンドが見てとれます。

メルセデス・ベンツ EQE SUV_013
メルセデス・ベンツ EQE SUV 市販型プロトタイプ

最大の注目は、市販型と思われるLEDヘッドライトとテールライトの装着でしょう。ヘッドライト内の上部にはLEDデイタイムランニングライトも確認できます。

キャビン内の画像はありませんが、3本スポークのステアリングホイール、フローティングセンターコンソール、MBUXハイパースクリーンを装備。

後者は12.3インチのデジタルインストルメントクラスター、17.7インチのインフォテイメントシステム、および助手席用の12.3インチディスプレイで構成され、EQEセダンと似たレイアウトが期待できると思われます。

メルセデス・ベンツ EQE SUV_007
メルセデス・ベンツ EQE SUV 市販型プロトタイプ

市販型では「EV2」アーキテクチャに乗り、EQEとパワートレインを共有。90.6kWhまたは107.8kWhのリチウムイオン電池パックを搭載、後輪駆動と全輪駆動で提供されることが予想されます。

EQE SUV「350」では、最高出力288ps・最大トルク530Nmを発生するリアマウントのe-モーターを搭載。全輪駆動の4MATICモデルの詳細は不明ですが、フロントアクスルに2つ目のモーターを追加することで出力は向上するはずです。

EQE SUVのワールドプレミアは2022年内とみられ、兄貴分「EQS SUV」、ガソリン燃料の「GLE」「GLEクーペ」「GLS」らと一緒に米・タスカルーサ工場で生産される予定です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?