スポーティなフロントマスクに変身!メルセデス・ベンツ Eクラス次期型を大予想

■後部ではCLS風のLEDテールライトを装備、現行型よりコンパクトに

2021年12月にメルセデス・ベンツのミッドサイズモデル「Eクラス」次期型プロトタイプを捉えましたが、はやくもプロトタイプをベースに予想CGが制作されました。

メルセデス・ベンツ Eクラス_007
メルセデス・ベンツ Eクラス 次期型 予想CG

協力してくれたのはおなじみロシアの自動車サイト「KOLESA.RU」です。

メルセデス・ベンツ Eクラス_003
メルセデス・ベンツ Eクラス 新型プロトタイプ

予想CGのフロントエンドには、下部バンパーに向かってくの字に曲がるドットパターンのグリルを装備、ヘッドライトは薄くシャープになり、内部LEDデイタイムランニングライトは、メインライトを囲むようにコの字型に光っています。

側面では新型「Sクラス」のようにリアバンパーまで伸びるキャラクターラインが見てとれます。

後部ではCLS風のLEDテールライトを装備、現行型よりサイズが縮小されているほか、新設計されたリアバンパーとディフューザーが装着されます。

メルセデス・ベンツ Eクラス_002
メルセデス・ベンツ Eクラス 新型プロトタイプ

キャビン内は描かれていませんが、「Cクラス」や「Sクラス」に採用されている大型ディスプレイを伴うレイアウトが継承される可能性が高いようです。

パワートレインの詳細は不明ですが、ハイブリッドや強力なAMGバリアントなど、様々なエンジンの選択肢を提供してくれるはずです。

初代Eクラスは1985年にデビュー。第5世代となる現行型「W213」型は2016年から販売されており、すでに5年が経過。いよいよ第6世代「W214」型に世代交代されますが、そのワールドプレミアは2023年と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?