世界の人気ボディカラーは? 10年連続で1位はホワイト、シルバーを抑えグレーが急上昇

■2位はブラック、グリーンやブルーも注目

アメリカのペイントメーカーである「アクサルタ」では、世界中で人気のボディカラーに関する調査を毎年実施していますが、その最新版である第68回「2020年度版世界自動車人気色調査報告書」を1月14日に発表しました。

この発表によると、世界市場で購入された新車のボディカラーのうち、1位が10年連続でホワイト、以下、ブラック、グレー、シルバーの順に続く計4色が81%を占めることに。また、日本では人気が高いシルバーよりも、世界的にはグレーの方が人気が高いほか、グリーンやブルーがトレンドになっていることなどが分かりました。

●グレーは全世界で2ポイント上昇

発表された調査報告によると、世界で人気があるボディカラーのトップ10は以下の通りです。

世界の人気ボディカラーは10年連続でホワイトが1位
人気ボディカラーの世界トップ10(出典:アクサルタ コーティング システムズ合同会社 )

1位 ホワイト(38%・内、ソリッドホワイト27%、パールホワイト11%)
2位 ブラック(19%・内、ソリッドブラック5%、そのほかのブラック系14%)
3位 グレー(15%)
4位 シルバー(9%)
5位 ブルー(7%)
6位 レッド(5%)
7位 ブラウン/ベージュ(3%)
8位 イエロー/ゴールド(2%)
9位 グリーン(1%)
10位 そのほか(1%)

世界の人気ボディカラーは10年連続でホワイトが1位
2020年に大ヒットしたヤリスクロスには、ホワイトボディとブラックルーフという2大人気カラーを採用した仕様もある

調査したアクサルタによると、ホワイトは、過去3年間、世界市場全体で38%を維持しており、10年連続で最も購入頻度の高いクルマのボディカラーとなったといいます。また、前述の通りホワイト以外ではブラック、グレー、シルバーが多く、これら4色が世界の路上を走るクルマのうち81%を占める結果となりました。

中でもグレーは、世界全体で2ポイント上昇した一方、シルバーは、すべての地域で減少動向が続いており、人気は9%と1桁にとどまっています。

また、グレーが人気である理由を同社では、シルバーよりも「現代的で高級感のある色と受け止められている」と分析しています。

加えて、グレーに「微小フレークによる色彩効果や少量添加される多彩なフレーク」が施されたカラーがあることも、人気が集まっている理由のひとつだと指摘しています。

●日本と他の国を比べてみると?

今回の調査結果を国・エリア別に見ても、確かにグレーの人気が高いところが多いことが分かります。

たとえば、ヨーロッパの場合、トップ5では、なんとグレーとホワイトが各25%ずつで同率1位、3位ブラック(21%)、4位ブルー(10%)で、シルバーは5位(9%)となっています。

世界の人気ボディカラーは10年連続でホワイトが1位
日産・ノートにはグレーのボディカラーも設定

また、北米では、1位ホワイト(30%)、2位はブラックとグレーが同率(19%)、4位はシルバーとブルーが同率(10%)で並んでいます。

さらに、世界で最もクルマが売れる中国では、1位ホワイト(57%)と2位ブラック(22%)が全体の79%で圧倒的。以下、3位グレー(6%)、4位イエロー/ゴールド(5%)、5位シルバー(3%)となっています。

なお、ほかの国・エリアでも、グレーはロシアやアフリカともに16%を占め、韓国でも22%でいずれも2位となるなど、シルバーを凌ぐ人気を誇ります。

このように、世界の自動車主要国では、シルバーよりグレーのクルマの方が多いようです。ところが、我が日本のトップ5は、1位ホワイト(35%)、2位ブラック(19%)、3位シルバー(11%)、4位ブルー(10%)、5位レッド(7%)。世界的に人気が高いグレーは6位(5%)で、依然としてシルバーの方がグレーよりも高い人気を誇っています。

世界の人気ボディカラーは10年連続でホワイトが1位
2020年新車販売台数トップのホンダ・N-BOXにもシルバーのボディカラーが設定されている

日本では、昔からホワイトやブラックと並んで人気が高いボディカラーがシルバーです。人気の秘密は、ホワイトやブラックと比べて、傷や汚れが目立ちにくいことがよく挙げられています。特に、洗車を頻繁に行い、ちょっとした傷でも気にする人が多いと言われる日本人には、シルバーはもはや定番カラーのひとつだといえるでしょう。

なお、アクサルタによれば、そのほかのカラーで注目なのがグリーンとブルー。近年、特にグリーンブルーやグリーンイエローといった色合は、世界的なクルマのトレンドとして注目が集まっているそうで、これは「住居、ファッション、製品の最新トレンドと同調している」ことが主な要因だと同社は分析しています。

世界の人気ボディカラーは10年連続でホワイトが1位
グリーンのボディカラーを配したダイハツ・タフト

日本でも、最近、SUVタイプの軽自動車ダイハツ・タフトのように、アウトドアのテイストを強調するモデルなどでグリーンのボディカラーを採用し、なかなか好評のようです。また、ブルーもエコでクリーンなイメージを強調するため、たとえば日産ノートやトヨタ・プリウスなどのハイブリッドカーに多く採用されています。

そう考えるとクルマのボディカラーは、そのクルマのキャラクターや性能などを表現する上でも、重要なファクターのひとつだといえますね。

(文:平塚 直樹 *写真は全てイメージです)

『カーライフ』の最新記事
MTGサブスクリプション
残価設定ローンよりサブスク? KINTO本格始動から1年の現状はどうなっている?
サンタモニカの電動キックボード
日本も電動キックボード解禁へ。ただ車道を走らせたらクルマに轢かれるリスクも
近所のコンビニや知人宅など短距離移動でもクルマに乗る人が半数以上
新型コロナ禍の影響? 近所のコンビニや知人宅など短距離移動でもクルマに乗る人が半数以上

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています