スポーツコンパクトとして人気のスイフトスポーツをアールズが完全攻略【東京オートサロン2021】

■R’s SWIFT SPORTS 【有限会社アールズ】

有限会社アールズは、静岡県浜松市にあるスズキ車専門のチューニングショップです。今回出展した車両はスズキスイフトスポーツをベースに、アールズが開発したオリジナルパーツを全て装着、現状の完成型といえる「R’s SWIFT SPORTS」です。

R's SWIFT SPORTSの外観07
R’s SWIFT SPORTSのリアスタイル。
R's SWIFT SPORTSの外観02
冷却性能と空力性能を向上させるエアロパーツ。

アールズはZC31S型の先々代スイフトスポーツからオリジナルパーツを開発・販売しているスイフトスポーツを熟知したチューニングショップなのです。

出展車のR’s SWIFT SPORTSは冷却性能と空力性能を向上させたRRP ハイパフォーマンスエアロシステムを装着。このキットはフロント&リアバンパーをはじめ全6点で構成され、価格は46万900円です。

R's SWIFT SPORTSの外観03
バンパー下にディフューザーを装着。
R's SWIFT SPORTSの外観06
サスペンションに加えて、ブレーキシステムも変更。

サスペンションは、全長調整式のショックアブソバーを採用したRRPハイパフォーマンスダンパー(18万円)をはじめ、RRPレーシングピロアッパーII(2万7000円)などを装着しサーキットも攻められる仕様です。

エンジンは、RRPスーパーロムECU(9万円)をはじめ、RRPハイパワータービンキット(20万円)、RRPスーパークールインタークラーキット(6万8000円)などを装着し、最高出力は220psまでパワーアップされたクルマです。

R's SWIFT SPORTSの外観05
ECUやタービン交換で最高出力は220psを発生。
R's SWIFT SPORTSの外観04
リアには大型のウィングを装着する。

アールズは200万円ちょっとで手に入れられるスイフトスポーツを、見た目だけなく、本気でサーキットをガンガン攻めたい人からストリートで楽しく通勤したいという人まで、幅広いニーズに応えられるような商品ラインアップが特徴です。

お手頃なコンパクトスポーツといえばスイフトスポーツ一択となっている中で、アールズは購入して3年、5年と遊べる提案をしています。

(文・写真:萩原 文博)

●アールズ スイフトスポーツ【有限会社アールズ】
ベース車両:スズキ・スイフトスポーツ
最高出力:210ps/5500rpm
最大トルク:34.0kgm/3000rpm
装着バーツ:アールズ製タービン・インタークーラー・キャタライザー・マフラー・クロスミッション・LSD・車高調サスキット/ACREブレーキ
ホイール:ENKEI PF09 7.5J-17(前後共)
タイヤ:ブリヂストン RE71RS  215/45R17(前後共)

『東京オートサロン2021』の最新記事
ロッキーオート・3000GT、日本の自動車史を代表する名車が現代技術で復活!【東京オートサロン2021】
TOM’SのGRヤリス&新ハリアー参上!ヤリスは今話題のあのラリードライバーの愛車だった【東京オートサロン2021】
ガレージ力 スカイラインクーペ
松田次生選手の練習用V35スカイラインに対抗する桑名最速決定戦マシン!?【東京オートサロン2021】

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています