ジムニーシエラを初代モデル風にカスタマイズ! DAMDからレトロなキットが登場

■ジムニーシエラ用に2種類のカスタマイズキットが登場

スズキ「ジムニーシエラ」

2018年7月に発売後、人気の高さや国内向け生産台数の少なさもあり、現在でも納車に1年程度を要しているスズキ「ジムニー」。

軽自動車版のみならず、小型車版の「ジムニー シエラ」についても、コンスタントに計画台数を超える1,600台前後の販売が続いています。

そうしたなか、エアロを中心にカスタマイズパーツを幅広く手がける「ダムド(DAMD)」が、12月1日に「ジムニー シエラ」用のカスタマイズ・パーツを発売しました。

ジムニー シエラ the ROOTS

すでに発売済みのジムニー用「little B.(リトルビー)」や「the ROOTS(ザ・ルーツ)」に続き、シエラ用に発売したもので、中でも「the ROOTS」は1970年に登場した初代ジムニーを彷彿させるレトロなデザインで、シエラにもよくマッチするようです。

エクステリア3点(ラジエータグリル、フロントバンパー、リヤバンパー)キット(18.4万円)のほか、各単品も用意。(ラジエータグリル:4.8万円、フロントバンパー:5.8万円、リヤバンパー&エクステンション:7.8万円)

ジムニー シエラ little B

さらに上記キットに専用ホイール(APIO WILDBOAR SR 15×6J) 5本を加えたセット(32万円)や、レトロなパターンが印象的なタイヤ(ブリジストンDUELER M/T 674、LT215/75R15 100/97Q)を加えたコンプリートキット(45万円)の設定もあります。

各パーツはジムニーカスタム専門店でもあるアピオと共同開発したもので、価格は塗装代・税別。

ダムドでは他にもシエラ向けにランドローバー・ディフェンダー風の「little D.」やメルセデス・ベンツ Gクラス風の「little G.」などのキットについても販売しています。

ジムニー シエラを手に入れた際には、これらのパーツで個性的な一台に仕上げるのもよいかもしれません。今回ご紹介した「little B」「the ROOTS」は12月中旬にデリバリーが開始されるそうです。

Avanti Yasunori

【関連記事】

スズキ「ジムニー」が日本車初となるワールド アーバン カー賞を受賞!
https://clicccar.com/2019/04/22/760020/

新型スズキ「ジムニー」がワールド・カー・アワードのTOP3にランクイン
https://clicccar.com/2019/03/31/730671/

納車1年待ちのスズキ 「ジムニー」と「ジムニー シエラ」。選ぶならどっち?
https://clicccar.com/2018/09/26/633059/

【関連リンク】

スズキ ジムニー シエラ
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ジムニー シエラ the ROOTS
https://www.damd.co.jp/products/suzuki/jimny_sierra_theroots/

ジムニー シエラ little B.
https://www.damd.co.jp/products/suzuki/jimny_sierra_little-b/

ジムニー シエラ little D.
https://www.damd.co.jp/products/suzuki/jimny_sierra_little-d/

ジムニー シエラ little G
https://www.damd.co.jp/products/suzuki/jimny_sierra_little-g/

『スズキ・ジムニー』の最新記事
スズキ ジムニー
スズキ・ジムニーの商用2シーターモデルが欧州で発表
初代ジムニー(LJ10型)
作り続けて50年…でも歴代モデルはたった4世代。スズキ・ジムニーのヒストリーをサクッと紹介
BFグッドリッチ
BFGoodrichのMud-Terrainが、R/Cカーの「ミニッツ4×4 レディセット スズキジムニーシエラ」に採用

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています