日産が「アリア」に続き、スタイリッシュなコンパクトSUVを7月16日に発表

■今回はフロント廻りのティザー画像を公開

日産自動車が7月15日に公開を予定している4WD仕様の高性能EV「アリア」 に続き、翌16日にBセグメントの新型コンパクトSUVを公開すると発表。2日連続でニューモデル発表を予定しているそうです。

日産の新型コンパクトSUVのグラマラスなサイドビュー

同社は本年2月にコンパクトSUVの一部とみられるティザー画像 (サイドビュー、テールランプ)を公開しており、7月1日には新たにフロントビューの一部とヘッドランプを公開。

日産の新型コンパクトSUVのヘッドランプ

これまでに公開された画像からは、張り出し感の強いスクエアなホイールアーチや、Cピラーに向かってキックアップしたベルトラインなど、抑揚のあるダイナミックなボディデザインに加え、メッキリムを強調したラジエータグリルやフェンダーサイドまで大きく回り込んだ薄型ヘッドランプ、L字型のDRL(デイタイムランニングライト)、黒素地仕様のフェンダープロテクター、中央部をハニカムで抜いたユニークなテールランプなどが見て取れます。

■新型コンパクトSUVの車名は「マグナイト」?

各種情報によると、全長4,000mm以下に抑えたFF仕様の5ナンバーSUVのようで、ルノー×日産が共同開発したルノー 「クウィッド(Kwid)」用プラットフォームの改良版となるCMF-A+プラットフォームを採用。

ルノーのコンパクトSUV「クウィッド(Kwid)」

パワートレーンは1.0L直3ターボエンジンを搭載、100ps/16.3kgm、および117ps/17.3kgmの2タイプがラインナップされ、車名は「マグナイト(Magnite)」となるようです。

日産によると、日産インテリジェントモビリティの一部として最新のテクノロジーを採用、2020~21年度下期に発売を予定しているそうで、日本市場ではトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキーあたりがライバル車として想定されるだけに、国内への導入有無や車両価格なども含め、今後の発表が注目されます。

Avanti Yasunori・画像:NISSAN)

【関連記事】

7月にデビューする日産の新型EV「アリア」はGT-Rも真っ青のハイパワーマシン!?
https://clicccar.com/2020/06/29/989864/

国内導入はあるか? 日産がスタイリッシュ&コンパクトな新型SUVのティザー画像を公開!
https://clicccar.com/2020/02/18/955451/

『日産自動車』の最新記事
NISSAN PAVILION
「ニッサン パビリオン」期間限定、横浜みなとみらいにオープンした、大人も子どもも楽しめる体験型エンターテインメント施設に行ってみた!
アリア・アイキャッチ
新型アリアのタイムレスなデザインの秘密は、日本伝統の美とテクノロジーの融合にあり
日産が新型クロスオーバーEV「アリア」のフロントエンブレムを刷新した理由とは?
国内導入に期待! 日産の粋なコンパクトSUV「マグナイト(MAGNITE)」登場
マーチエクステリア
日産・マーチがマイナーチェンジ。AEBやLDWを標準装備しサポカー補助金の対象に【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事