国内導入はあるか? 日産がスタイリッシュ&コンパクトな新型SUVのティザー画像を公開!

■海外版の新型「ジューク」や「キックス」よりもコンパクトなSUVに

日産が先頃、「近日公開予定」として新型SUVの画像を公開しました。インド市場に導入予定のモデルで「新技術を豊富に採用したスタイリッシュなコンパクトSUV」と紹介しています。

「Make in India、Make for the World」の理念に基づくSUVで、同社のパトロール、パスファインダー、 アルマダ、エクストレイル、ジューク、カシュカイ、キックスなどの象徴的なモデルに基づいた、「日産の絶え間ない革新と日本のエンジニアリングのグDNAスピリットの証」としています。

公開された画像は車両サイド上部と、「LIGHT UP YOUR IMAGINATION(あなたの想像力を照らします)」と記したテールランプのみ。

日産が公開した新型コンパクトSUVのティザー画像

その画像からは、張り出し感の強いスクエアなホイールアーチ部や、細幅で鋭い表情のLEDヘッドランプ、Cピラーに向かってキックアップしたベルトラインなどが読み取れます。

またホイールアーチ部には黒色のプロテクター装着が予想され、テールランプも中央部をハニカムで抜いた個性的な意匠となっています。

加えて画像下方に「NISSAN GLOBAL DESIGN」と記されていることから、同モデルがグローバルモデルであり、販売国がインドだけではないことを匂わせています。

新型SUVはFF仕様と予想され、搭載エンジンは上動画の欧州向け新型ジュークにも搭載された1.0L直3ターボエンジン(117ps)あたりが有力そう。

国内ではジュークの生産終了に伴い、海外版の新型「キックス」が後継モデルとして導入される模様ですが、今回のさらにコンパクトな新型SUVの登場により、国内導入の可能性を含め、今後の日産のSUVラインナップが大いに注目されます。

Avanti Yasunori・画像:日産自動車)

【関連リンク】

インド日産自動車
https://www.nissan.in/

『日産自動車』の最新記事
日産ルークス、三菱eKクロス スペース・eKスペースにDUNLOP「エナセーブ EC300+」を納入
ルークス・アイキャッチ
乗用車的ではない「箱」でスタイリングの可能性を探る。日産・新型ルークスのおおらかなデザインとは?
日産自動車 クリックモビ
日産が定額利用サービスのNISSAN ClickMobi(クリックモビ)を北海道から本格稼働
日産セレナがJNCAPにおいて141点の満点達成。最高評価の「ASV+++」を獲得!
言いたい放談
清水和夫が日本のクルマ産業に喝! 現場ドライバーの声をエリート設計部はちゃんと聞け!【SYE言いたい放談】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事