新型日産キックス、期待のコンパクトSUVは出力20%向上したe-POWERを搭載し、価格275万9900円〜【新車】

■併売される日産ジュークとの差は?

日本には新型ジュークは導入されないようですが、より日本に商品性の合った新型日産キックスe-Powerが予告どおり、2020年6月24日に発表されました。

新型日産キックス
新型日産キックスのエクステリア

なお、欧州に投入されている新型ジュークは、全長4210×全幅1800×全高1595mmというスリーサイズで、コンパクトサイズがひとつの特徴であった先代から全長が75mmストレッチされ、全幅は15mmワイドに、全高は30mm高くなっています(欧州値)。また、ホイールベースは106mmも伸びたことで、コンパクトである一方で、狭かった後席、荷室は大きく拡大しています。

新型日産キックス
新型日産キックスのインテリア

一方の新型日産キックスは、全長4290×全幅1760×全高1610mm。ホイールベースは2620mm。最小回転半径は、5.1m。なお、ジュークは、全長4135×全幅1765×全高1565mm、ホイールベースは2530mm。最小回転半径は5.3m。

併売されるジュークと比べると、新型キックスは最小回転半径が0.2m小さくなっています。ジュークよりも全長は160mm伸びているものの、狭い場所での取り回しは改善しているようです。

日産ジューク
欧州に投入されている新型日産ジュークのエクステリア
『日産・キックス』の最新記事
キックスオーテックフロントスタイル
人気のeパワーSUV・日産キックスにオーテック仕様が登場!【日産キックスAUTECH紹介】
キックスイメージ
SUVのeパワー搭載モデルが登場。コンパクトカー、ミニバンに続く第3弾【日産キックス試乗】
キックス
キックスは価格以上にインテリアの質感が高い!【新型車インプレッション・内装編】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事