人気のeパワーSUV・日産キックスにオーテック仕様が登場!【日産キックスAUTECH紹介】

■上質なエクステリア&インテリアのオートサロン出品予定車

2020年6月にノート、セレナについで3番目のeパワーモデルということで注目を得ているのが日産のキックス。人気カテゴリーであるコンパクトSUVにeパワーモデル追加ということで、その注目度は非常に高くなっています。

キックスオーテックグリル
グリルフィニッシャーはダークブラック。左側にはAUTECHのバッチが配される

そんなキックスに待望のオーテック仕様が導入されました。じつはこのオーテック仕様は、2021年のオートサロンに出品予定となっていたモデルです。例年、オートサロンではオーテック仕様の人気が高く、多くの観客の注目を集めます。今回は展示車という形だったので、試乗は行えていませんが詳細をお届けします。

キックスオーテックシグネチャー
シグネチャーLEDは専用タイプ。標準とことなり横長の形状でブルーLEDとなる

エクステリアではフォグランプフィニッシャー、フロントプロテクター、サイドシルフィニッシャー、リヤプロテクター、専用サイドターンランプ付き電動格納式リモコンカラードミラーにメタル調フィニッシュタイプを採用。

グリルフィニッシャーはダーククロームタイプとなります。ブルーに輝く専用シグネチャーLEDを装着。さらにホイールは17インチの専用タイプとすることで、標準車のキックスが持つ力強いエクステリアはそのままに、上質さをグッと向上しています。

キックスオーテックフロントプロテクター
フロントプロテクターはメタル調
キックスオーテックホイール
Y字11本スポークデザインを採用するホイール
キックスオーテック シート
ブルー&ブラック地にブルーステッチが施されるシート

インテリアではブルー/ブラックコンビのレザレットシートにはブルーステッチの「AUTECH」刺繍が施されるほか、ドアトリムにもブルーのレザレットが用いられます。

インスツルメントパネルパッド、センターコンソールパッド、センターコンソールサイドパッドの各パッドにはブルーステッチを採用。ブラック/ブルー&ブルーステッチの専用革巻きステアリングも採用されました。センターコンソールには「AUTECH」のエンブレムを装着。基準車ではオプションとなるインテリジェント アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)とインテリジェント ルームミラーも標準で装備となります。

基本内装色はブラックなのですが、各所にオーテックブランドのイメージカラーであるブルーが採用されていることで、スポーティで上質な雰囲気が醸し出されています。

キックスオーテックリヤスタイル
キックスオーテックのリヤスタイル

ボディカラーはオーテック仕様専用色のダークブルー・パールメタリック/ピュアブラック・パールメタリック2トーン、ブリリアント・ホワイトパール(3コートパールメタリック)/ピュアブラック・パールメタリック2トーン、ピュアブラック・パールメタリック、ブリリアント・ホワイトパール(3コートパールメタリック)の4色が用意されます。

キックスはもともとがインテリアにツートンカラーを採用したモデルと、標準タイプの2種類しか存在しません。オーテック仕様の場合はインテリアもオーテックオリジナルのものとなりますので、キックスAUTECHはモノグレードとなります。

なお発売は発表から少し遅れて2021年3月3日から。価格は311万4100円(消費税込み)となります。

キックスオーテックフロントスタイル
キックスオーテックのフロントスタイル

(文・諸星陽一/写真・井上 誠)

『日産・キックス』の最新記事
キックスイメージ
SUVのeパワー搭載モデルが登場。コンパクトカー、ミニバンに続く第3弾【日産キックス試乗】
キックス
キックスは価格以上にインテリアの質感が高い!【新型車インプレッション・内装編】
キックス
小回り性能が抜群!! キックスは想像以上にいいクルマ【新型車インプレッション・走行性能編】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事