日産の新型軽自動車「ルークス」が丸いハンドルを採用しているのは国内ニーズをリサーチした結果

■軽自動車ユーザーはハンドルカバーをつけたがる人が多い。だから丸いハンドルの必要がある

2020年3月19日に発売された日産の新型軽自動車「ルークス」は、軽自動車の売れ筋であるスライドドアを採用したスーパーハイトワゴンの最新モデルです。前モデルでは「デイズルークス」とデイズ・ファミリーでしたが、フルモデルチェンジを機に、あらためて「ルークス」として独立しました。

日産ルークス
軽自動車の売れ筋、スーパーハイトワゴンの最新モデルが日産ルークス。2020年3月にデビューしたばかり

ほぼ一年前にフルモデルチェンジしたデイズと同様にエンジン、プラットフォームが一新されたルークスには、もちろん日産の先進運転支援システム(ADAS)である『プロパイロット』が採用されています。

しかも、カメラとミリ波レーダーを併用した最新版といえるもので、軽自動車だから廉価版ということはなく、フルスペックのADASを搭載しているほど力の入ったモデルです。

日産のADAS「プロパイロット」といえば、セレナなど他モデルでも評価の高いのは知られているところで、ステアリングホイール(いわゆるハンドル)の右スポークにあるプロパイロットのボタンは、最新の日産車におけるテクノロジーアイコンとなりつつあります。

日産ルークスインテリア
丸いステアリングホイールは、流行りのハンドルカバーをつけたいという市場の声に対応した結果というのがもっぱらの噂。安全性を考えると推奨はできないが…
日産セレナインテリア
日産セレナのステアリングホイール(ハンドル)はフラットボトム型。これはウォークスルーをしやすくするため

さて、セレナとルークスのインテリアを並べて比べると、ステアリングホイールの形状が異なることに気付くでしょう。セレナはボトムがフラットなDシェイプでいかにも未来感がある形状ですが、ルークスはオーソドックスな円形のステアリングホイールとなっています。

こうした違いには、いくつかの狙いと理由があるといいますが、とくに市場から『丸いハンドル』を求める声が強かったのも理由のひとつだといいます。

ユーザーが丸いハンドルを好むわけは定かではないといいますが、実際の使われ方を考えると、おそらく軽自動車オーナーに流行しているハンドルカバーをつけたいというニーズも含まれていることでしょう。スポーティであったり、プレミアムであったり、いろいろなキャラクターが描かれていたりするハンドルカバーは人気アイテムで、それをつけるには丸いハンドルのほうが都合がいいからです。

たしかにDシェイプ対応のハンドルカバーもありますが、価格や意匠の選択肢でいうと丸いタイプのほうが豊富です。

ステアリングというのは重要な部品であり、そこにハンドルカバーを装着することはメーカーとしては推奨していないでしょうが、ユーザーの声にはそうしたアイテムを装着したいというニーズが隠されていることは間違いないでしょう。

たかがステアリングホイールのカタチと思うかもしれませんが、こうした点をとってもルークスが日本専用車である軽自動車として、日本のユーザーに最適化して開発されたことが感じられます。

(自動車コラムニスト・山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。