【日産デイズ/三菱eKワゴン試乗】NA仕様を買うならハイブリッドモデルがオススメ

●2.0kW/40Nmのモーターアシストが光る、ハイブリッドモデル

ほぼ街中でしか乗らないのであれば、軽自動車でもNAエンジン搭載仕様で十分という方も多いはずです。

新型日産デイズも64PS/100Nmのターボ車と比べると、NAエンジン仕様は最高出力・最大トルクともに低く、52PS/60Nmというスペック。NAエンジンは「S」と「X」がハイブリッド・レス仕様で、「ハイウェイスターX」にハイブリッドシステムが搭載されています。それでも新型エンジンは先代よりも15%のトルクアップが図られ、NA・ターボともに発進性は良好になっています。

ハイブリッドの「ハイウェイスターX」は、52PS/60Nmというエンジン出力に加えて、2.0kW/40Nmのモーターアシストが加わります。

日産自動車のプレス向け試乗会ではターボとNAエンジン(ハイブリッド仕様)の2台、eKワゴン/eKクロスが用意された三菱自動車の試乗会では、NAエンジンの両方(ハイブリッド仕様・ハイブリッド非搭載)に乗ることができました。

NAエンジン同士で比べると、先代はかなり遅く感じたハイブリッド非搭載モデルもパワーフィールは大きく改善され、低速域の街中、1人乗車が中心であれば不足はありません。

しかし、2.0kW/40Nmのモーターアシストが加わるNAハイブリッド仕様に乗ると、アシスト時間が10秒間上乗せされた新「S-HYBRID」システムの恩恵は明らかで、街中の再発進、加速がよりスムーズにできます。より素早いスタートダッシュが可能で、流れの速い郊外路や国道、バイパスなどでもよりストレスフリーな走りが堪能できます。

時には高速道路も走るというのであれば、NAエンジン仕様でもハイブリッド付(ECOモーター)を付を選びたいところ。

また、新たにCVTに加わったステップ変速は、ターボよりもアクセルの踏み込む量が大きくなる分、その効果はNAの方が大きく感じられます。

なお、ターボと同じ15インチタイヤを履いた場合のハンドリングは、ターボもNAエンジン仕様も大差ない印象で、直進安定性の高さが光ります。また、快適性も同様で、前席はより高い静粛性と乗り心地の良さも味わえます。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、宇並哲也)

『日産・デイズ』の最新記事

【日産デイズ ハイウェイスター NAエンジン試乗】有段制御のCVTがドライバーに心地いい加速を作る
【日産デイズ試乗】高い静粛性と乗り味が光る、ターボ+ハイブリッド仕様の軽快な走り
【日産デイズ&三菱eKワゴン試乗】兄弟車4モデルでベストチョイス、買うべきグレードは?
【三菱eKクロス試乗】ワクワク感あふれるエクステリアにしっかりした走り
【新型デイズ ハイウェイスター ターボ 試乗】軽自動車のクラスを超えた「自然な走り」

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事