【日産デイズ試乗】高い静粛性と乗り味が光る、ターボ+ハイブリッド仕様の軽快な走り

●全方位に渡って進化を遂げた日産デイズ/三菱eKワゴン

新型にスイッチした日産デイズ/デイズ・ハイウェイスター、そして三菱eKワゴン/eKクロスは、日産が開発を受け持ち、三菱が生産を担う新型軽自動車で、日産の渾身作。もちろん、好評を得ているという三菱eKクロスのデザインの完成度の高さなど、三菱自動車の商品企画力、デザインの力も見どころです。

日産デイズの注目モデルは、やはりハイウェイスターでしょう。試乗した「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」は、「BR06-SM21」型のターボエンジンを搭載し、エクストロニックCVTと組み合わされます。また、日産デイズは「S」と「X」をのぞき、全車ハイブリッドシステムを搭載。

ターボ+ハイブリッドの組み合わせである同グレードの印象は、出だしから「とにかくよく走る」。ターボモデルは、もう少し加速を抑えた方が燃費は良くなりそうですが、中・低速域の加速はどこからでも容易に引き出せるという印象です。CVTは加速とともにスムーズに速度を上げ、アクセルを6/8以上踏み込んだ時にステップ変速が行われます。

6/8というのは、高速道路への合流時など、かなりの加速を必要とするシーンが大半で、街中では、音が高まり加速が後から付いてくるというCVTのフィーリングがやや残っています。もう少し、少ないアクセル開度でもステップ変速が入るとフィーリング的には良さそうな気がしますが、街中ではよりスムーズな変速、加速感を追求したとのこと。ただし、街中で流れに乗って走る分には、それほど気になるレベルではありません。

また、補助的に働いてくれるスマートシンプルハイブリッドによる加速は、パーシャルから少し踏み増すようなシーンで効果的に感じられます。リチウムイオンバッテリーは運転席下のフロアマット下に配置されていて、減速時のエネルギーを回収し、溜めた電力でECOモーターを回すというもの。

『日産・デイズ』の最新記事

【日産デイズ ハイウェイスター NAエンジン試乗】有段制御のCVTがドライバーに心地いい加速を作る
【日産デイズ/三菱eKワゴン試乗】NA仕様を買うならハイブリッドモデルがオススメ
【日産デイズ&三菱eKワゴン試乗】兄弟車4モデルでベストチョイス、買うべきグレードは?
【三菱eKクロス試乗】ワクワク感あふれるエクステリアにしっかりした走り
【新型デイズ ハイウェイスター ターボ 試乗】軽自動車のクラスを超えた「自然な走り」
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事