日産デイズ・ハイウェイスターが「オートカラーアウォード2019」の特別賞を受賞

■2トーンの「ソーダブルー/アッシュブラウン」「プレミアムコンビネーションインテリア」の組み合わせが受賞

日産自動車は「オートカラーアウォード2019」において、日産デイズ・ハイウェイスターのボディカラー「ソーダブルー/アッシュブラウン」の2トーン、「プレミアムコンビネーションインテリア」の組み合わせが、特別賞を受賞したと発表しました。

今回の受賞対象である日産デイズ・ハイウェイスターのカラーデザインは、ベーシックながら、さりげなくおしゃれに見える空間を目指して開発が進められたそうで、細部まで造り込みつつ、遊び心のあるアクセントをさりげなく織り込んだ素材や色使いが採用されています。

日産 デイズ ハイウェイスター
日産デイズ・ハイウェイスターの外観

エクステリアは、乗るたびに気分が上がるようなスパイスの効いた2トーンのボディカラーとされ、インテリアは軽とは思えない上質さを感じられるように、パイピング&ダブルステッチが施されたラッピングインパネ(軽クラス初)や凝った風合いのコンビネーションシートを採用し、さらに随所にターコイズブルーのアクセントを加えることで、クラスを超えた特別感を演出。

日産デイズ・ハイウェイスター
日産デイズ・ハイウェイスターの「プレミアムコンビネーションインテリア」

今回の受賞(三菱eKクロスとの共同)にあたっては、「アライアンス共同開発によるクルマ造りの中で、各車両の個性や商品魅力を際立たせるCMF(カラー、マテリアル、フィニッシュ)の新しい可能性」が高く評価されたそうです。

今回の受賞対象となったデイズ ハイウェイスターは、街中で目を惹くダイナミックでスタイリッシュなデザインが特徴で、軽ハイトワゴンモデルの中でも最大級の室内空間を確保していることに加え、高い質感とスマートな収納を兼ね備えたインテリアも見どころになっています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。