ワーゲン(ビートル)が曲中に登場し、オシャレで多くの人に愛されていた!と実感できる5曲

ザ・ビートルの外観01

杉山清貴&オメガトライブの所属レコード会社はVAPですが、同じレコード会社の80年代を代表するアイドル、菊地桃子さんの1984年に発売されたファーストアルバム「OCEAN SIDE」では2曲にワーゲンが登場します。

ザビートル外観06
ザビートルのリアスタイル

まず、1曲目は佐藤純子さんが作詞した「SHADOW SURFER」です。曲の冒頭〜よく見かけるワーゲンには外したのね自慢のボードを〜と登場。気になる男性がサーファーで愛車がワーゲンという湘南の雰囲気満点です。埼玉が実家だったので、湘南の海に憧れたのを思い出します。

ザビートル外観07
ザビートルカブリオレのフロントスタイル

そして、もう一曲は「RIVER’S ISLAND」を作詞した秋元康さんが手がけた「EVENING BREAK」です。こちらも曲の冒頭に〜カブリオのワーゲンが通り過ぎて〜と登場します。ちょうど夜のとばりが落ち始める夕方に街を歩いているとワーゲンのカブリオレが通り過ぎるという何気ない設定ですが、甘い声で歌われるととろけそうになってしまいます。

こうしてみると、作詞家やレコード会社に傾向はありますが、ワーゲン(ビートル)がどれだけ愛されていたのかが改めて実感できますし、久しぶりにこれらの曲を連れてドライブに出掛けたくなりました。

(文:萩原文博、写真:フォルクスワーゲン日本)

『カーライフ』の最新記事
カーシェアリング
「カーシェアリング」はどう使う? 今さら聞けない正しい利用方法【初心者対応】
あおり運転が「妨害運転罪」と規定され、取り締まりの対象として厳罰化。2020年6月末から施行へ
県外ナンバー狩り
98%が「県外ナンバー狩り」に反対! 全国600名調査で分かった移動に関する意識と被害予防策
サブスクリプション
クルマは「定額利用」の時代!? サブスクリプションはカーリースやカーシェアとどう違う?
就寝スペース
車中泊は自宅でできる「オトナの遊び」!? 車中泊をするために必要なグッズ5選
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事