メルセデス・ベンツブースはスポーティなAMGと先進的なEQの2本柱で展開【東京オートサロン2020】

■メルセデス・ベンツは先進性とスポーティ性の両輪の展示で高いブランド力を主張

多くの輸入車ブランドが参加を見送った2019年に開催された東京モーターショーにも出展し、東京オートサロン2020でも中ホール5に大きなブースを構えるのがメルセデス・ベンツです。

メルセデスベンツブース01
EQブランドの展示

今回のオートサロン2020において、メルセデス・ベンツは電動化モデルを総称したEQブランドとスポーティモデルブランドのメルセデスAMGの2本柱で展示を展開しています。

メルセデスベンツブース2
メルセデスAMGの展示

まず、EQブランドで紹介するのは2019年に発表され、2020年からデリバリーが開始されるピュアEV(電気自動車)のEQC400 4MATICです。ミドルサイズSUVのGLCをベースしたEVで、Sクラスに匹敵する静粛性の乗り心地を実現しているモデルです。1回の満充電で400kmの航続走行が可能となっています。

メルセデスベンツ外観04
EQC 400 4MATICのフロントスタイル

続いて紹介するのは、2019年の東京モーターショーで発表された、日本で販売されている乗用車で初となるディーゼルエンジンプラグインハイブリッド車のE350de AVANTGARDE Sportsです。トラックなどでは一般的になっているディーゼルハイブリッドですが、乗用車としてはこのモデルが初となります。最高出力194ps、最大トルク400Nmを発生する2L直4ディーゼルターボにプラグインハイブリッドシステムを搭載。優れた燃費性能によって高速道路中心ならば1000kmを超える航続走行距離を達成します。

メルセデスベンツの外観05
E350de AVANTGARDE Sportsのフロントスタイル

メルセデス・ベンツは電動化と言ってもEVだけでなく、プラグインハイブリッドなど多彩な電動化の方向性を示しており、この分野のトップランナーと言えます。

『東京オートサロン2020』の最新記事
塚本奈々美DriftBoxチャンネルのヘッダー
塚本奈々美、プロゲーミングチーム・Burning Coreのプロモーションディレクター就任
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています