「アジアクロスカントリーラリー2019」でクラス優勝を果たしたJAOSハイラックス【東京オートサロン2020】

■過酷なラリーを勝ち抜いたオーストラリア仕様のガソリンエンジン搭載モデル

JAOS(ジャオス)の「TEAM JAOS ハイラックス AXCR2019」は、「アジアクロスカントリーラリー2019」で、T1Gクラス優勝、総合7位(日本人最高位)に輝いたモデル。ベース車両は、新たに輸入された「Wキャブ」の1GR型ガソリンエンジンモデル。日本仕様とは細部が異なるものの、「TEAM JAOS」をクラス優勝へと導いたマシンを間近でチェックできます。

ジャオス ハイラックス 東京オートサロン2020
JAOSハイラックス AXCR 2019が登場

外観は、JAOSフェンダーガーニッシュtype-X、アンダーガード(※)、タンクガード(※)、JAOSマッドガードⅢ(※)、IPF LED灯火類を装備(※はワンオフアイテムです)。サスペンションは、市販化も念頭においたというKYB製ダンパーを中心にチューニングが施されています。なお、ショックアブソーバーには「BATTLEZ」ダンパーVF-R SPECIAL、BATTLEZコイルTi-W SPECIAL、BATTLEZリーフスプリングSPECIALが装着されています。

ジャオス ハイラックス 東京オートサロン2020
ホイールは、「JAOS TRIBE CLAW RALLY EDI」、タイヤはBFGoodrichのM/T T/A KM3を装着

ホイールは「JAOS TRIBE CLAW RALLY EDI(17×7.5J+25 )」、タイヤはBFGoodrichのM/T T/A KM3(245/75R17)、ブレーキはプロジェクトμ強化ブレーキキットで足元をグレードアップ。

ジャオス 東京オートサロン2020
豪州仕様シュノーケリングを装備

エンジン系のチューニングパーツとして、豪州仕様シュノーケル、BATTLEZエアクリーナー、BATTLEZエキゾーストマニホールド、MOTY’Sオイルが採用されています。マフラーは、BATTLEZ ZS-Sを装着。

ジャオス ハイラックス 東京オートサロン2020
「JAOS ハイラックス AXCR2019」のリヤビュー

ほかにも、インテリアには非売品のトヨタ紡織フルバケットシート(MSH-001/非売品)、NARDI SPORTS TYPEラリー、オクヤマFIA規格ロールゲージなどが装着されています。

(文/写真 塚田勝弘)

『東京オートサロン2020』の最新記事
塚本奈々美DriftBoxチャンネルのヘッダー
塚本奈々美、プロゲーミングチーム・Burning Coreのプロモーションディレクター就任
俺のリバティーウォークR35
高校生のアイデアが実車になった! 「俺のリバティーウォーク」がアンベール
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事