モータースポーツ参戦車を中心とした「MOTUL」、新旧アルピーヌでガレージをイメージした「MAC TOOLS」で魅力を発信【東京オートサロン2020】

■1月12日には松田次生選手や新井敏弘選手、中野信治監督らのトークセッションも開催

エンジンオイルの「MOTUL」、整備用工具ブランドの「MAC TOOLS」を出展したテクノイル・ジャポンは、モータースポーツを前面に押し出した「MOTUL」、ガレージをイメージした「MAC TOOLS」というブース構成になっています。

モチュール 東京オートサロン2020
MOTUL、MAC TOOLSのブース

「MOTUL」では、モータースポーツ向けラインナップ、市販車向けラインナップを揃え、ほかにも高性能エンジンオイルの「8100 SERIES」、クラシックカー向けオイル、MotoGPやFIM 世界耐久選手権、FIM モトクロス世界選手権などに参戦するモーターサイクル用エンジンオイル「300V FACTORY LINE」などが展示されています。

モチュール マックツール
高性能オイルの「8100シリーズ」

そして、2003年の全日本GT選手権(JGTC)に参戦した「MOTUL PITWORK GT-R」、2019年スーパーフォーミュラ参戦マシンでシーズン最終戦(鈴鹿)で野尻智紀選手が優勝を飾った「TEAM MUGEN SF19」という4輪のモータースポーツ参戦車も用意。

モチュール マックツール 東京オートサロン2020
2003年の全日本GT選手権(JGTC)に参戦した「MOTUL PITWORK GT-R」
モチュール マックツール
スーパーフォーミュラ参戦マシンの「TEAM MUGEN SF19」

二輪では、市販車をベースに全日本ロードレース選手権(JSB1000クラス)や鈴鹿耐久8時間ロードレースに参戦した「SUZUKI GSX-R 1100RヨシムラRACER」が登場。また、マン島で2009年からスタートした「TT Zero Challenge」クラスに参戦した電動オートバイの「神電 八」も展示。「MOTUL」は神電に専用のモーター冷却用オイルを供給し、2014年から2019年まで6連覇を果たしています。

モチュール マックツール 
鈴鹿耐久8時間ロードレースに参戦した「SUZUKI GSX-R 1100RヨシムラRACER」

創業75年を迎えるアメリカの整備用工具ブランドの「MAC TOOLS」は、ガレージが似合うスポーツカーとして、スポーツカーファンから注目度の高い新旧アルピーヌを用意。

マックツール
「MAC TOOLS」のパワーツール
モチュール マックツール
ガレージをイメージした「マックツール」には、新旧アルピーヌを展示

併せてインパクトレンチ、エアーラチェットなど、コードレスのパワーツールも展示されています。ほかにも、トランスミッションオイル用に開発された最新のフルード交換システム、「MOTUL」のサングラス、アパレルの販売コーナーなども設けられています。

モチュール マックツール
最新のフルード交換システムも用意

また、1月12日(日)には、松田次生選手や新井敏弘選手、中野信治監督などのトークショーも予定されています。

(文/写真 塚田勝弘)

『東京オートサロン2020』の最新記事
ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!
チョコブランカ選手とスピーカー
早急な市販化を期待! 大迫力サウンドのゲーミングスピーカーがフォルシア・クラリオンブースに体験展示!【東京オートサロン2020】
ヤリスGR4プレスカンファレンス
ヤリスGR4は全身アルミ&カーボン! オレの高齢者マークはどこに貼りゃいいの?《大井貴之のコレいいねぇ!その3.》【東京オートサロン2020】
ヴィッツCVT清水号
CVTを鍛え上げた清水和夫が、ヤリスCVTでWRCラリージャパンに参戦か!? と言いたい放談・後編【東京オートサロン2020】
清水さん、高平さん、石井さん
「現役ラリースト」清水和夫さんたちが言いたい放談。ラリーはモータースポーツの原点!前編【東京オートサロン2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事