【LAオートショー2019】306psの高性能が自慢。RAV4のプラグインハイブリッドは日本でも発売

●PHVシステムは新設計。日本発売は2020年夏から

海の向こうのロサンゼルスで開催されているロザンゼルスオートショー2019。そこでトヨタが初公開したのが「RAV4 Prime(プライム)」です。

“プライム”ってナンダ?

それはトヨタが北米でプラグインハイブリッド車(PHV)につけるサブネーム。日本で「プリウスPHV」と名付けているモデルは、現地では「プリウス プライム」と呼ばれています。

RAV4のプラグインハイブリッドは、バンパーやオーバーフェンダーが標準車と異なる。

それをあてはめると、このクルマは日本では「RAV4 PHV(プラグインハイブリッド)」ということになりますね。

そんなRAV4プライムで気になるのは、どんなハイブリッドシステムを搭載しているのかということ。プリウスPHVと同じ?……と思いきや、そうではありません。そもそもRAV4のハイブリッドはエンジンがプリウスよりもひとまわり大きな2.5L(プリウスは1.8L)だし、プラットフォームもひとクラス上ですからね。

というわけで、搭載されるプラグインハイブリッドシステム新開発。大容量のリチウムイオン電池に大容量のモーターを組み合わせ、通常のRAV4ハイブリッドモデルよりも約84psもアップした、306psという圧倒的なシステム出力(エンジン+モーターのトータル出力)を実現しているのでした。

プリウスではハイブリッドモデルに対してPHVの動力性能が高まっているわけではありませんが、RAV4では普通のハイブリッドよりPHVのほうが高いというのが要注目ポイントというわけです。

プラグインハイブリッドRAV4は高い動力性能が自慢

それにしても306psって。プラグインハイブリッド車はエコロジーな存在ですが、単にエコだけじゃなく「速い」というのが自慢といっていいでしょう。そして、普通に走ればとても燃費がいい存在。ドライブトレインは後輪をモーターで駆動する4WDの「E-Four」ですね。

北米と日本では2020年夏から、欧州では2020年後半から販売する予定だそうです。

(工藤貴宏)

『トヨタ・RAV4』の最新記事
淀みない加速で走りが楽しいRAV4 PHV。スープラの次にダッシュが速い理由は? 
ついに発売される「RAV4 PHV」。プラットフォームが普通のRAV4と違う理由があった
専用フロントマスクでプレミアム感を増したRAV4 PHV、システム出力を大幅にアップしてまもなく発売
トヨタ RAV4
トヨタ・RAV4用のサイドカメラキットがデータシステムから発売
80cmロングのワンオフ車・世界一長いRAV4はメーカー純正!?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事