トヨタRAV4が一部改良。特別仕様車「Adventure“OFFROAD package II」を設定

■「トヨタ・セーフティ・センス」などの安全装備をアップデート。特別仕様車には艶を抑えた質感の「GORI GORI BLACK塗装」を採用

モノコックボディのFFベースのSUVでありながら、3種類のAWDを設定するなど、タフな悪路走破性を誇るトヨタRAV4。基本的には都市型SUVではあるものの、タフさを想起させるエクステリアも美点のひとつになっています。

トヨタRAV4
Adventure(ハイブリッド車)。ボディカラーは、「アッシュグレーメタリック×グレイッシュブルー」

2022年10月4日(火)、そのRAV4が一部改良を受け、同日に発売されました。同時にプラグインハイブリッドシステム搭載車がRAV4の「Z」グレードとして位置づけされたほか、「Adventure」に特別仕様車の「Adventure“OFFROAD package II」が用意されています。

トヨタRAV4
特別仕様車の「Adventure
“OFFROAD package Ⅱ”」

また、先進安全装備「トヨタ・セーフティ・センス」もアップデート。以前お伝えしたように、一部改良を受けたハリアーと同様に、衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティ」に、交差点右折時の対向直進車、右左折時の対向方向から横断してくる歩行者を検知する機能を追加するなど、機能の拡大が図られています。

トヨタRAV4
一部改良を受けたRAV4のインパネ

ほかにも「コネクティッドナビ対応のディスプレイオーディオが採用され、10.5インチの大画面ディスプレイが設定されています(Adventureグレード、G“Z package”グレード、Gグレード、Zグレードに標準装備)。加えて、クルマが「Wi-Fiスポット」になる「車内Wi-Fi」にも対応。

トヨタRAV4
デジタルインナーミラー
(前後方録画機能付)

デジタルインナーミラーに録画機能が採用され、「ナノイーX」も標準装備されています。同時導入された特別仕様車の「Adventure“OFFROAD package II」は、ボディカラーに「アティチュードブラックマイカ×アーバンカーキ」などの専用の2トーンが2色用意されています。

トヨタRAV4
Adventure(ハイブリッド車)のインテリア

フロントバンパーやドアミラーなどに、塗料を塗り重ね実現したという凸凹があり、艶を抑えた質感の「GORI GORI BLACK塗装」が施され、オフロードイメージも強調されています。

●RAV4価格帯:293万8000円~563万3000円
●特別仕様車 Adventure“OFFROAD package II”価格帯:388万4000円~450万3000円

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。