アウトオブキッザニアのジェイテクトブースでLSDを組み立ててみた!【東京モーターショー2019】

アウトオブキッザニア

■クルマを動かす精密パーツを作るエンジニアになる!

アウトオブキッザニア
ジェイテクトのブースには自動運転シミュレーターも。

耳慣れない社名かもしれませんが、ジェイテクトはクルマに欠かせないさまざまな装置を作る会社です。なかでもステアリングは世界シェアで断トツのナンバーワン! 子どもたちは、ジェイテクトのブースで精密なクルマのパーツを組み立てるエンジニアの仕事にチャレンジします。

●スポーツカーでは一般的に用いられるLSD

アウトオブキッザニア
先輩エンジニアがひとつひとつのパーツの説明をしてくれます。

子どもたちが組み立てるのはLSD(リミテッド・スリップ・デフ)と呼ばれるクルマの駆動系パーツ。といわれても、パパやママだって、そんなパーツあんまり知りませんよね?

アウトオブキッザニア
子ども用に小さく作られたスケルトンモデルで駆動系の構造を学びます。

クルマがカーブを曲がるには、内側のタイヤより外側のタイヤが長い距離を走らなくてはならないため、どのクルマにも内外のタイヤの回転差を調整するデファレンシャルギア(差動装置)がついています。でも、もっと速く走りたいレースや、ぬかるみなどの悪路では、デファレンシャルギアが働くとかえって走りづらくなることがあるため、LSDという差動制限装置を取り付けてクルマの性能を引き出すのです。

アウトオブキッザニア
「これなんだろう?」ふしぎな形のパーツに心を奪われてしまいます。

子どもたちは複雑なLSDを分解し、パネルの上にきちんとパーツを並べてまた組み立てます。このLSDは、小さな子どもでも安全に取り扱えるようアクリルで作られていますが、本物とまったく同じ動作をします。町で見かけるクルマの中にこんな複雑な機械が入っているなんて、思っていなかったのでしょう。見えないところに隠された高度な技術に驚く子どもたちの顔が印象的でした。

●ジェイテクトのブースでは本物の駆動装置も展示

アウトオブキッザニア
トップシェアを誇るステアリング装置はジェイテクトのアイデンティティ。
アウトオブキッザニア
電子制御で作動するトルクベクタリングデファレンシャル。

西展示棟にあるジェイテクトのブースに立ち寄ってみると、さまざまなステアリングや、キッザニアで子供たちが組み立てていたLSDに似た働きをする駆動装置が展示されていました。電子制御された最新のデファレンシャルは、あまりにも複雑すぎて、どんなによく見ても構造がわからないほど。でも現代のクルマは、目立たないたくさんの複雑な装置と、それを作る高度な技術に支えられて走っていることがよくわかりました。

【開催概要】
期間:2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝)
場所:「第46回 東京モーターショー2019」青海展示場
対象:小学1年生~6年生(要予約)
※ご予約・詳細は下記「東京モーターショー2019」の専用ページよりご確認ください。
https://www.tokyo-motorshow.com/event1/out_of_kidzania/

(写真:高橋克也 文:村上菜つみ)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!? 時代をリードする企業「ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストン」を清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事