3Dプリンターでコンセプトカーをデザイン! アウトオブキッザニアの日産ブースでデザイナーに変身【東京モーターショー2019】

アウトオブキッザニア

■自分がデザインしたクルマを3DスキャンでCG化

アウトオブキッザニア
いかにもデザイナーの仕事場らしく、モノトーンのおしゃれなオフィスです。

モーターショーなどで華々しく披露され、メディアの注目を浴びるコンセプトカーは、自動車メーカーが未来の技術やデザインの方向性を表現するために作るもの。コンセプトカーのデザインや機能の一部は、あとで発売される市販車にも引き継がれるので、コンセプトカーデザインの仕事は「ちょっと未来」のクルマをデザインする仕事ともいえますね。

アウトオブキッザニア
オフィスには、コンセプトカーのレンダリングや、ボディの色見本がずらりと並びます。

子どもたちは自由に未来のクルマを思い描き、カラフルな粘土を使ってそのデザインを形にしてゆきます。テーブルには粘土を成形するヘラのほかにも、色鉛筆やマーカーなど、いろいろな画材が用意されていました。

アウトオブキッザニア
コンセプトカーデザインの仕事には、斬新なアイディアと豊かなイメージが必要。

思い思いの形と色で自分だけの小さなコンセプトカーを作り上げたら、専用の3Dスキャナーを使って立体的にスキャンします。

アウトオブキッザニア
スキャンはボタンひとつで自動的に完了。

3Dスキャンが終わると、大型モニターに映し出された町の中央に、子どもたちが作ったコンセプトカーが登場! まるで本物のモーターショーみたいな素敵なステージです。ステージを降りたコンセプトカーは町の中をあちこち走りまわり、クルマがどんなふうに動き、どんなふうに見えるのかを確認することができます。

アウトオブキッザニア
町のステージに現れた作りたてのコンセプトカー。
アウトオブキッザニア
コンセプトカーが町を走る様子を観察できます。

子どもたちが作るコンセプトカーの中には「えっ、これがクルマなの?」と驚くような奇抜なデザインもありました。でも、そんな何物にもとらわれない子どもたちの自由な発想こそ、未来のカーデザインを作る力になるのでしょうね。

●日産ブースの目玉はコンセプトカー「ARIYA」

アウトオブキッザニア
サプライズモデルとして発表された日産アリアコンセプト。

西展示棟には、本物の日産のコンセプトカーが展示されていました。日産アリアコンセプトは、高出力モーターを前後に1基ずつ配置した4WDのEVカーです。なめらかな曲線のなかに大迫力のフロントマスクをどっしりと表現したところに、クロスオーバーモデルの新しいデザインを感じることができますね。

【開催概要】
期間:2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝)
場所:「第46回 東京モーターショー2019」青海展示場
対象:小学1年生~6年生(要予約)
※ご予約・詳細は下記「東京モーターショー2019」の専用ページよりご確認ください。
https://www.tokyo-motorshow.com/event1/out_of_kidzania/

(写真:高橋克也 文:村上菜つみ)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!? 時代をリードする企業「ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストン」を清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事