スズキ「HUSTLER CONCEPT」にはアーバンアウトドアスタイルもある【東京モーターショー2019】

●ただのSUVじゃない。都会からアウトドアまで楽しめる仕様を提案

大型連休などでは、オートキャンプ場の予約を取るのが難しいほどの空前のキャンプブームが続いています。次期ハスラーのコンセプトカーといえる「HUSTLER CONCEPT(ハスラー・コンセプト)」には、アーバンアウトドアスタイルを提案する仕様も出展されます。

スズキ ハスラー コンセプト
スズキ・ハスラー・コンセプトのアーバンアウトドアスタイル

初代ハスラーは、「遊べる軽」というコンセプトを掲げヒットモデルになりました。「カラフルポップ」「楽しさ、ワクワク」といったハスラーらしさに加えて、同コンセプトカーは、タフさや力強さを際立たせたのが特徴。

さらに、気分を盛り上げるカラーリングやデカール、ルーフラッピングなどのアクセント、遊び心と積載性を備えたルーフラックにより、都会からアウトドアまで楽しめる仕様とされています。

スズキ ハスラー コンセプト
スズキ・ハスラー・コンセプト「アーバンアウトドアスタイル」のサイドビュー
スズキ ハスラー コンセプト
スズキ・ハスラー・コンセプト「アーバンアウトドアスタイル」のリヤビュー

「バーミリオンオレンジ」をベースにタフで力強いスタイリングに加えて、カモフラージュ調サイドデカール、モノグラム調ルーフラッピング、マットガンメタのアクセントカラーでファッショナブルなスタイルに仕立てられています。先述したルーフラックに加えて、マッドフラップ、オレンジのホイールが目を惹くタイヤを装着。

スズキ ハスラー コンセプト
ユニークな形状の加飾とオレンジのアクセントが印象的

内装では、ドアトリムに配された大型ロゴや鋳肌を表現したという塗装などが採用され、タフで無骨なアウトドアアイテムをファッショナブルに採り入れたようなコーディネイト、インテリアデザインが特徴です。さらに、ハスラーのロゴやクライミングロープのようなパイピングが施されたシート、迷彩柄のフロアマットなど、遊び心を抱かせる加飾が施されています。

スズキ ハスラー コンセプト
パイピングが施されたフロントシート

同コンセプトカーのボディサイズは、全長3395×全幅1475×全高1910mm(ルーフラックを含む)、ホイールベースは2460mm。パワーユニットは、658ccの直列3気筒ターボ 吸気VVT マイルドハイブリッド。駆動方式は4WDです。

(塚田勝弘)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの日野ブースでトラックの注文制作を体験!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアの三菱ブースでカーデザイン体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事