次期ハスラーか!? スズキ「HUSTLER CONCEPT」は遊びをもっと楽しくする使い勝手とインパネに注目【東京モーターショー2019】

●新型のデビューは2019年12月!? ハスラーのコンセプトモデルが東京モーターショーに登場

東京モーターショーにスズキ・ハスラーのコンセプトモデル「HUSTLER CONCEPT(ハスラー・コンセプト)」が2台出展されます。

スズキの軽自動車のラインナップでモデル末期となるハスラーは、新型ジムニーの影に隠れがちではあるものの、近年のスズキの軽ではスマッシュヒットといえる人気作になったのはご存じのとおり。

スズキ ハスラー コンセプト
スズキ・ハスラー・コンセプトのフロントビュー

「ハスラー・コンセプト」は、機能を追求したスタイルと新境地を切り拓いてきた個性的なキャラクターを融合させた、「もっと遊べる」ハスラーのコンセプトモデルとしています。

「このクルマがあればもっと遊べる」「このクルマと一緒なら毎日がもっとワクワクする」というコンセプトを掲げ、日常からアウトドアなどまで遊びのシーンがもっと楽しくなるクルマとして提案。空前のキャンプブームといわれる中、アウトドアアイテムを日常でも使用するというライフスタイルの広がりから着想を得て、日常で楽しく乗りこなせる「タフで力強い」新たなハスラー・スタイルを提案する内・外装をまとっています。

外観は、キープコンセプトといえるフォルムですが、新たにクォーターガラスが配置され、サイドビューの印象を変えると共に後方視界の確保にも効果が期待できそう。

スズキ ハスラー コンセプト
新たにリヤクォーターガラスを採用

使い勝手では、大きくて多彩な収納スペース、荷室側からもスライド操作が可能な後席、防汚性の高いラゲッジにより従来型以上に実用性を向上させたとしています。

スズキ ハスラー コンセプト
スズキ・ハスラー・コンセプトのインパネ。個性的なデザインとオレンジの加飾が目を惹く

安全面では、「デュアルカメラブレーキサポート」による衝突被害軽減ブレーキ、夜間の歩行者検知をはじめ、後退時ブレーキサポートを搭載。ターボ車には、全車速対応のアダプティブクルーズコントロール、車線逸脱抑制機能が採用されています。

同コンセプトカーのボディサイズは、全長3395×全幅1475×全高1680mm、ホイールベースは2640mm。パワーユニットは、658ccの直列3気筒吸気VVT マイルドハイブリッド、658ccの直列3気筒ターボ 吸気VVT マイルドハイブリッドが用意され、駆動方式は4WD。

こちらはあくまでコンセプトカーですので、気になるモデルチェンジの時期がモーターショーで明らかにされるかは現時点では分かりません。しかし、スズキは12月末にフルモデルチェンジを行なって新型車を出すことが多く、2019年12月のフルモデルチェンジに期待したいところです。

(塚田勝弘)

『東京モーターショー2019』の最新記事
東京モーターショー2019 アウト・オブ・キッザニア SUBARU
14歳以下の入場者が前回比で7割増し! 2019年大成功だった東京モーターショーは体験型に進化すべきだ【週刊クルマのミライ】
清水和夫
巨人VS.阪神みたいなライバル関係!?時代をリードする企業ボッシュ/横浜ゴム/コンチネンタル/ブリヂストンを清水和夫が駆け足紹介!【東京モーターショー2019】
アウトオブキッザニア
アウトオブキッザニアのマツダブースで金型磨きを体験!【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事