クーペとワゴンがスイッチ操作で切り替わる! スズキのパーソナルコンパクトPHEV「WAKUスポ」【東京モーターショー2019】

●多彩なニーズを満たすためにボディがスイッチで切り替わるコンセプトカー

東京モーターショー2019のスズキブースでは、クルマ、オートバイ、電動車いす、マリン製品が展示されます。四輪車は19台で、そのうち参考出品車が7台、市販車が12台。二輪車は参考出品車が4台、市販車が4台。電動車いすが1台。

スズキ ワクスポ
スズキのコンセプトカー「WAKUスポ」は、古典的なフォルムも印象的

まず、クルマの参考出品車から。パーソナルコンパクトPHEVの「WAKUスポ(ワクスポ)」は、スイッチを押すことで、クーペとワゴンの車体構造を変形させることで、ドライバーの用途に合わせて1台で二役を担うコンセプトカーです。

狙いは幅広い年齢層に1台で応えるためで、「ワクワク」を家族内でシェアリングできるようにという想いが込められています。

スズキ ワクスポ
クーペ状態
スズキ ワクスポ
ワゴン状態

フロントからリヤまで連続性のあるシンプルな造形、普遍的なクルマらしさを感じさせる3BOXプロポーションのエクステリアデザインが特徴です。さらに、ドライバーの好みに合わせてフロントマスクの表情を切り替えることができるそう。

インテリアデザインは、先進的でありながら懐かしさを抱かせる雰囲気として、インパネは全面モニターと質感の高い木目調加飾が目を惹きます。ほかにも、コンパクトサイズに加えて、ピラーレスドアの採用により世代を問わず楽に乗降できるようになっています。

スズキ ワクスポ
大型ディスプレイ表示にしたインパネ
スズキ ワクスポ
木目調が中心のインパネ

ボディサイズは、全長3700×全幅1650×全高1430mm、ホイールベースは2460mm。乗車定員は4名。パワーユニットはPHEVで、駆動方式は4WD。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。