清水和夫がスバルに苦言!?「フォレスター」、ペダル配置と高速域は抜群だけど、過敏すぎる低速域のアクセル・レスポンスは今後の課題!【頑固一徹 和・試乗】

清水和夫さんのフォレスター試乗

2018年6月に発表された新型(現行)フォレスター。マイルドハイブリッドの「e-BOXER」が話題になっていますが、今回「頑固一徹 和」こと清水和夫さんが試乗したのは、NA2.5Lの直噴エンジン仕様です。

「清水和夫=スバル!」と言われるほど、スバル車を操ってラリー界を席巻したことが強烈なイメージで記憶しています。そんなスバリスト憧れの頑固・清水さんは、このフォレスターをどう評価したでしょう?

清水和夫さんのフォレスター試乗
さぁ、スバリスト憧れの清水和夫によるフォレスター試乗がスタートです!

■敏感なアクセル・レスポンスだけど、低速域ではバツ!

・Iモードではもっとゆったりしたアクセル・レスポンスが望ましい。

さて、スバル・フォレスターです。「SUV」といえば、というよりも「四駆」といえばスバルです。

今回、試乗として借り出したのは2.5Lの水平対向4気筒NAのチェーン型ベルト、CVTですね。でもね、チェーン型ベルトとはいえCVTとは思えないようなスロットル・レスポンスですね。クルマ全体がシャキッとガチっとしていて、なんかアクセルが敏感なくらいよくエンジンが反応しますね。

フォレスターのエンジン
フォレスターには2Lとe-BOXERもありますが、今回の試乗車は2.5L・水平対向4気筒・直噴エンジンです。

今、アイサイトで走っています。60km/hでも車線をガイドする電動パワステが、車線を逸脱しないように見張っています。

「SI-ドライブ」はシャープがなくてS(スポーツ・モード)とI(インテリジェント・モード)だけ。でもね、Iモードでもけっこう過敏なんだよね。でも相変わらずボディとかサスペンションとか、ハンドリングの「走る・止まる・曲がる」のところがよくできていますよね。

フォレスターをドライブする清水和夫
低速域の、敏感すぎるアクセル・レスポンスはちょっとNGだねぇ。

ン~ちょっとアクセルが敏感ですね。Dレンジ、SI-ドライブはIモードでも2000rpmくらいで行きたいのに、すぐにギヤダウン(?)して3000rpmくらいに跳ね上がっちゃうので、非常にビジー感がありますよね。ここは直して欲しいなって思います。ハイスピードで走るとその良さが光るんだろうとは思うんですが。助手席の人、けっこう辛いと思います。ブーっていっちゃいますからね。

それと、アクセルのストロークが短いな。もうちょっとスロットルのストロークを深く、長くしてくれると高級感が出るんですよね。チョイ踏みだけですぐにアクセル全開になっちゃいます。

高速を走るフォレスター
高速域はとっても気持ちいいですね!

今、60km/hくらいで走っていますけど、この辺りのスピード域からは俄然、気持ちよくなってきます。Sモードにすると回転数はさらに上がる感じかな。

とにかくスバルの課題は、低速域、30km/hくらいのスピードで走りやすいエンジンとスロットル、ギヤボックスの特性を作って欲しいと思いますね。でもシートもいいし視界もいいし、長距離ドライブにはうってつけですね。

■ペダル配置によってアクセルペダルの踏み間違いを阻止できる!

フォレスターのインパネ
インパネはシンプル。また、ペダル配置も踏み間違いも少ない理想的な位置です。

最近、お年寄りをはじめとしたアクセルの踏み間違い事故が多いですよね。私はよく「ペダル配置」を指摘していますけど、スバル車の場合は体の中心よりも若干、右側にブレーキペダルがありますから、この位置だったら踏み間違いは少なくなり大丈夫ですね。酷いクルマだと体のセンターから左にブレーキペダルがありますから。「左にあるブレーキペダルを右の足で踏め!」っていうのは、ユニバーサルデザインじゃないですよね。

総合評価は星4
頑固一徹 和の総合評価は星4つです!
フォレスターの評価ポイント
3項目の評価ポイントはチョイ厳しめです。

【頑固一徹 総合評価】(5段階評価)
★★★★ 11点

【頑固一徹 評価ポイント】(5段階評価)
パワートレイン:和和和 3点
シャシー性能:和和和和 4点
インターフェース:和和和和 4点

(試乗:清水 和夫/アシスト:永光 やすの/取材協力:スバル)

【SPECIFICATIONS】
車名/グレード:フォレスター/プレミアム
ボディサイズ:全長4625mm×全幅1815mm×全高1730mm(ルーフレール装着車)
ホイールベース:2670mm
トレッド:フロント1565mm/リヤ1570mm
車両重量:1560kg
エンジン:水平対向4気筒DOHC 直噴
エンジン排気量:2498cc
ボア×ストローク:94.0×90.0mm
最高出力:136kW(184ps)/5800rpm
最大トルク:239Nm(24.4kgm)/4400rpm
トランスミッション: CVT(リニアトロニック)
駆動方式: 全輪駆動(AWD)
サスペンション:F ストラット/R ダブルウイッシュボーン
ブレーキ:Fベンチレーテッドディスク/Rベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ: 225/55R18(前後とも)
燃料消費率 JC08モード:14.4km/L
WLTCモード:13.2km/L
車両本体価格(税込):3,056,400円

フォレスターのエンブレム
SUV、四駆といえばスバル・フォレスターです!

【清水 和夫 プロフィール】
1954年生まれ東京出身/武蔵工業大学電子通信工学科卒業

清水和夫プロフィール
スバリスト憧れの清水和夫さんですが、こんなおちゃめな一面も!

1972年のラリーデビュー以来、国内外の耐久レースに参加する一方、国際自動車ジャーナリストとして活動。自動車の運動理論・安全技術・環境技術などを中心に多方面のメディアで執筆し、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレーターとして多数の出演経験を持つ。

【頑固一徹試乗とは?】
国際モータージャーナリスト、清水和夫が斬る試乗インプレッション『頑固一徹テスト』。頑固一徹・清水和夫が独自の目線でチョイスした新型モデルを、パワートレイン、シャシー性能、ヒューマンマシンインターフェイス(HMI)の3分野で評価、採点し、その合計点によって5段階で評定します。

■頑固一徹 総合評価指数
1〜3点→★(評価1)
4〜6 点→★★(評価2)
7〜9点→★★★(評価3)
10〜12点→★★★★(評価4)
13〜15点→★★★★★(評価5)

■頑固一徹テスト 試乗インプレッション
評価軸(3項目)&評価ポイント
パワートレイン 5段階評価(1〜5点)
シャシー性能 5段階評価(1〜5点)
ヒューマンマシンインターフェイス 5段階評価(1〜5点)

【関連リンク】

StartYourEngines HP
https://www.startyourengines.net

国際モータージャーナリスト、清水和夫が主宰する自動車専門動画ウェブメディア。クルマの限界性能と安全性を徹底的に試すダイナミック・セイフティ・テスト(DST)を始め、国内外の新車インプレッション、注目度の高まる先進安全技術、自動運転など、クルマに関するあらゆるジャンルの動画をサイトアップしています。ぜひぜひ!チャンネル登録のうえご視聴ください。

StartYourEnginesX
https://www.youtube.com/user/StartYourEnginesX

『頑固一徹 和』の最新記事
頑固一徹 和 ジムニーシエラ試乗
唯一無二! ちっちゃいFRベース4駆のジムニーシエラは、清水和夫も納得の名車【頑固一徹 和・試乗】
ジャガーI-PACE高速道路の走り
清水和夫がジャガーI-PACEでサーキット全開したら、戦闘機並みの加速力に思わず大興奮!!【頑固一徹 和・試乗】
頑固一徹レーシングのメンバー
モリゾウも参戦したロードスターメディア4耐。我ボス清水和夫もやればできるコ、超燃費走行!【頑固一徹 和・番外編】
新型スカイライン試乗
清水和夫が「新型スカイライン」のバイワイヤー技術を解説&プロパイロット2.0を試してみたら…「オレパイロットがいい」って!?【頑固一徹 和・試乗】
頑固一徹・和試乗、CR-V
頑固・清水和夫、激戦区CセグSUV「ホンダCR-V」の推しは、ハイスピード域までもっていける2モーター・ハイブリッドと高性能なADAS!【頑固一徹 和・試乗】
清水和夫さんのフォレスター試乗
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事