新型タントはすべてがブランニュー。後席の格納がワンタッチになるなど、利便性は大幅向上【新型ダイハツ・タント試乗】

今回のモデルではプラットフォームを一新しました。「DNGA」と名付けられたこの軽量高剛性の骨格は、走りに好影響を与えています。

サスペンション配置を第一優先として設計されただけあって、フロント・ストラット/リヤ・トーションビームのサスペンションは微細な領域からよく動きます。このため従来よりもキメの細かい乗り味となっているのが特徴です。

また3気筒12バルブ・658ccエンジンはダイハツが長らく熟成を重ねてきたKF型ですが、今回、大きくブラッシュアップしました。ボア・ストロークの数値は変わりませんが、ハードウェア的にはほぼ全てを新設計した刷新型KFとなっているのです。

これは日本初となる複数回点火や、スワール噴霧を取り入れたことなどによって、大きく燃焼効率を向上させたことが特徴です。最高出力は52ps/6900rpm、最大トルクは6.1kgm/3600rpmとなっています。

新型タントは、車両全体を大きく進化させたうえで、従来車からプライスレンジは維持していることも大きな特徴。

今回チェックしたタントX(FF)は146万3400円となります。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『ダイハツ・タント』の最新記事

新型タント・カスタムRSの走行シーン
全車速追従式のアダプティブクルーズコントロールとレーンキープコントロールは絶対装着すべき…ではない!?【新型ダイハツ・タント試乗記】
ダイハツ・タント
「DNGA」は子どもやお年寄りにも優しい新プラットフォーム! 手軽に追加できるオプションで乗り降りラクラク【新型ダイハツ・タント試乗記】
新型ダイハツ・タントのツーショット
新型タントの後席スライドが荷室(リヤゲート)側から操作できないのは「良品廉価なクルマ作り」のためだった!【新型ダイハツ・タント試乗記】
自動オープン&予約ロックが可能で便利度アップのスライドドア! 運転席もロングスライド化で後席への移動がスムーズ【新型ダイハツ・タント試乗記】
ダイハツ・タント
スーパーハイトワゴンの軽自動車でも、安定した走りと高い安心感はピカイチ!【新型ダイハツ・タント試乗記】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事