ダイハツ・タントに8インチ市販カーナビの装着が可能な取付キットが登場

ダイハツ タント 

■後席に座る子どもも喜ぶ大画面化はいかが?

純正、市販を問わずカーナビの大画面化が進んでいます。地図画面の視認性、操作性向上に加えて、同乗者が映像などを楽しむ際も大画面の方がいいというのは、家のTVと同じといえるトレンドかもしれません。

こうした流れは、ミニバンなどの大型モデルだけでなく、軽自動車にも及んでいます。

ダイハツ タント
2020年3月の軽自動車販売台数では、N-BOXに次いで2位の人気モデル

カーAV取付キットなどで知られるカナック企画は、2020年4月23日、ダイハツ・タント/タントカスタム、OEM版であるスバル・シフォン/シフォンカスタム用の8インチカーナビゲーション取付キット「TBX-D001」を発売しました。

大開口「ミラクルオープンドア」をはじめ、運転席の超ロングスライド機構、次世代の「スマートアシスト」が搭載されたダイハツ・タント。2020年3月の軽自動車販売台数では、ホンダN-BOXに次ぐ2位という販売台数で、ファミリーを中心に絶大な支持を集めています。現行タントもルーミーなキャビンが特徴で、ファーストカーでも使える広さを確保。

近所の足以外にも使うとなるとやはり欲しいのはカーナビでしょう。ただし、市販カーナビでは、今まで8インチナビの装着はできませんでした。なお、ディーラーオプション(アクセサリー)は、9インチモデルも用意されています。

ダイハツ タント 
カナック企画がダイハツ・タント向けに、市販カーナビの8インチ装着を可能とするキットを設定

カナック企画の取付キット「TBX-D001」を使うことで、市販の8インチカーナビの取付が可能になり、これは市販ナビ初だそう。

同キットにより、カーナビの機種選択の幅が広がり、好みのデザインや機能を備えたカーナビの取付けが可能になります。ピアノブラック塗装されたパネルは、ユニークな形状ながらもインパネにマッチする質感になっています。適応車種は、令和元年7月から現在までの200mmコンソール(オーディオレス・純正ナビ装着用アップグレードパック付車)。 価格は17,000円(税別)で、全国のカー用品店などで販売されます。

カナック企画 TBX-D001
8インチカーナビゲーション取付キット「TBX-D001」

カーナビは純正やディーラーオプションではなく、好みの市販カーナビを装着したいというニーズがあり、同キットにより8インチ市販ナビをタントに装着することで、後席に座る子どもなどの乗員も含め、ドライブをより楽しく演出してくれそうです。

(塚田勝弘)

『ダイハツ・タント』の最新記事
ダイハツ・タントにコストパフォーマンスに優れた新グレード「セレクション」シリーズが追加【新車】
新型タント・カスタムRSの走行シーン
全車速追従式のアダプティブクルーズコントロールとレーンキープコントロールは絶対装着すべき…ではない!?【新型ダイハツ・タント試乗記】
ダイハツ・タント
「DNGA」は子どもやお年寄りにも優しい新プラットフォーム! 手軽に追加できるオプションで乗り降りラクラク【新型ダイハツ・タント試乗記】
新型ダイハツ・タントのツーショット
新型タントの後席スライドが荷室(リヤゲート)側から操作できないのは「良品廉価なクルマ作り」のためだった!【新型ダイハツ・タント試乗記】
自動オープン&予約ロックが可能で便利度アップのスライドドア! 運転席もロングスライド化で後席への移動がスムーズ【新型ダイハツ・タント試乗記】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事