かっこよくて乗り心地も上級。待っていたクロカンタイヤ、横浜ゴム・ジオランダーX-ATが登場

●デザインはクロカン、乗り心地はオンロードを目指すニュータイヤ

横浜ゴムのSUV &ピックアップ用タイヤブランドのジオランダー・シリーズに、新たに「X-AT」と名付けられたモデルが登場しました。

ジオランダーX-AT装着状態
クロスカントリー4WDとのデザインマッチングもいいジオランダーX-AT

舗装が充実している日本での道路事情を考えると、タイヤの性能としてはH/T(ハイウェイテレーン)やA/T(オールテレーン)がマッチングがいいのですが、クロスカントリー4WDには従来のH/TやA/Tのパターンやサイドウォールのデザインがしっくりこないものばかりでした。

ジオランダーX-ATポジション忍具
デザインはクロカン、乗り心地はオンロードを目指す

そこで横浜ゴムが提案してきたニュータイヤが「ジオランダーX-AT」です。「ジオランダーX-AT」は「ジオランダーA/T G150」というオンロードよりのタイヤと「ジオランダーM/T G003」というオフロードよりのタイヤの中間に位置するモデルで、デザイン上はM/Tタイヤのようなゴツいデザインでありながら、オンロードでの快適性や環境性能が与えられています。

ジオランダーシリーズ
ジオランダーシリーズにはさまざまなポジションのタイヤが用意されている

また、回転方向は持たないものの、サイドウォールのデザインは表裏(どちらが表ということはない)で異なるものとして、装着車の個性とマッチングできるようになっているところが面白い部分です。

ジオランダーX-AT 裏表
A面とB面で異なるサイドウォールのデザインを採用
サイドウォールのデザイン比較
どちらを選ぶかはオーナーの趣味次第

オンロードでの快適性や環境性能が与えられているとはいうものの、各所にはクロスカントリードライブでのパフォーマンスを発揮するテクノロジーを満載。ジオランダーシリーズとしては恥ずかしくない性能も確保されています。当初用意されるサイズは16インチから20インチまで、全10サイズを用意。今後もバリエーションは広がっていくとのことで。

ジオランダーX-ATサイズ表
サイズラインアップ
ジオランダーX-AT2本置き
ゴツいデザインでヘビーデューティなイメージを持つジオランダーX-AT

(文・諸星陽一)

『ヨコハマタイヤ』の最新記事
ヨコハマタイヤ アイズガード6
冬に備えたタイヤ選びはスタッドレス?オールシーズン? ヨコハマ アイスガード 6 & ブルーアース4S AW21を雪上試乗
横浜ゴム アイスガード
横浜ゴムがスタッドレスのベーシックモデル「iceGUARD iG52c」をヨコハマクラブネットワーク限定で販売開始
横浜ゴム BluEarth-GT AE51
横浜ゴムの「BluEarth-GT AE51」をトヨタ・ヤリスクロスのOEタイヤとして納入開始
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事