三菱自動車がアウトランダーPHEVをインドネシアに投入

●アウトランダーPHEVがインドネシアに上陸

三菱自動車は、同社の最上級SUVといえるプラグインハイブリッドのアウトランダーPHEVを、アセアンで初めてとなるインドネシア市場に投入すると発表しました。2019年7月18日から開催される「第27回インドネシア国際オートショー」で出展する予定としています。

2013年に日本で発売されたアウトランダーPHEVは、マイナーチェンジを経て完成度を高めていて、世界の高級SUVに対抗できる静粛性やスムーズな走りを得ています。

同社の強みである四輪制御技術と電動化技術をSUVのプラグインハイブリッドに投入。同モデルは、欧州勢も注力するPHEVにおいて他社に先駆けて市場投入し、これまで世界50か国以上で販売され、販売台数は20万台を超えているそう。

また同車は2018年末までの累計で、世界で最も売れているPHEVにもなっています。欧州では2015年から4年連続でプラグインハイブリッドカテゴリーの販売トップになっているそうです。

アウトランダーPHEVの投入は、インドネシアがCO2排出の抑制などの環境対策に取り組んでいるためで、同モデルを通じて重要市場である同国に貢献したいと表明しています。

同時に、アウトランダーPHEVはアセアンにおける自動車の安全性能を試験・評価する自動車アセスメント(アセアンNCAP)安全性能評価において、総合87.61ポイント(100ポイント中)、最高評価となる5つ星を獲得したそう。

7つのSRSエアバックやブラインドスポットワーニング(近傍後側方を並走する車両を検知した場合にドライバーに知らせ、車線変更時の接触事故を防ぐよう作動するシステム)などの採用により成人乗員保護性能で高得点だったほか、子ども乗員保護性能、安全補助装備の項目でも高い評価を得ています。

アウトランダーPHEVの登場で、強みを持つアジア、アセアン地域で同社のブランド価値がさらに高まるか注目です。

(塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事
三菱アウトランダーPHEVが一部改良。「ミツビシパワーサウンドシステム」、地図機能内蔵の「スマートフォン連携ナビゲーション」を新設定【新車】
三菱アウトランダー
三菱アウトランダーが4WD車にも車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備【新車】
三菱エクスパンダー
三菱自動車がクロスオーバーMPV「エクスパンダー」の生産を2020年からベトナムで開始
三菱自動車RVR
三菱 RVRが最新の「ダイナミックシールド」フェイスに一新。全グレードが「サポカーSワイド」に該当
「まちエネ」が三菱自動車の協力のもと、EV・PHEVが毎晩充電し放題となるお得な電気料金プランを開始!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事