【新車】情熱の赤をまとった「ルノー ルーテシア アイコニック」が40台限定で登場

●ルーテシアのデザインテーマ「LOVE」を表現するルージュ フラムを復刻

ルノーのBセグメントモデル「ルーテシア」に、2019年7月11日、赤いボディカラー「ルージュ フラム」をまとった「ルノー ルーテシア アイコニック」が登場しました。

全長4095×全幅1750×全高1445mmというボディサイズはBセグメントとしてはややワイドで、コンパクトカーの大型化という流れを生んだ1台といえます。

その分、ワイド&ローの存在感あるスタイリングを実現していて、5ドアでありながらクーペのような流麗なデザイン、機敏なフットワーク、長距離移動でも快適な走りなどにより、フランスでは2018 年販売台数 No.1に輝いているそうです(2018年1月〜 12月、フランス国内における四輪車販売台数が対象)。

ルノー ルーテシア アイコニックのボディカラーは、ルノー・ルーテシアのデザインテーマである「LOVE」を表現する情熱的な赤のルージュ フラムを復刻。

インテリアは、鮮やかな赤が印象的なノワール/ルージュ インテリア、そしてルージュエアコンベゼルが採用されているほか、スポーティなボディ同色シャークアンテナ、「ICONIC」専用バッジを装備しています。

ルノー ルーテシア アイコニックのベース車は、デュアルクラッチトランスミッションの「インテンス」で、40台限定。価格は2,372,400円です。

(塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事
トゥインゴ・アイキャッチ
「ダウンサイジングターボ」とはこういうことだ!? 新型ルノー・トゥインゴの爽快な走りに未来を見た。
「フランスの最も美しい村」の街並みを彩るオレンジをイメージした「ルノー カングー クルール」が200台限定で登場【新車】
ルノー トゥインゴ
マイナーチェンジを受けた新型ルノー トゥインゴに限定車「ルコックスポルティフ」が設定
ルノー・ジャポンが「ダイナース クラブ フランス レストランウィーク 2019」に協賛。トゥインゴをテーマにしたオリジナル料理を披露
【新車】ブーストアップでパワーアップ。トップグレート「アルピーヌA110S」が本国で発表
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事