新型トヨタ・ヴィッツをキャッチ! マツダ製でなく独自開発か?

●日本および欧州向けのヤリス(ヴィッツ)は独自開発モデル?

トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」(現行名はヴィッツ)の新型プロトタイプを、ニュルブルクリンクでカメラが捉えました。

トヨタは4月のニューヨークショー2019にて北米向けヤリスを公開しましたが、欧州及び日本仕様は異なるデザインが予想されており、これが初のスパイショットとなります。

北米仕様のヤリスはマツダ「デミオ」のOEM版として発売され、マツダ製1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載しています。しかし、日本仕様はOEMとはならず、トヨタが独自で開発している可能性が高いようです。

かなり厳重にカモフラージュされた開発車両ですが、北米仕様とは異なるグリル、エアインテークやバンパーが見てとれるほか、アウトラインが隠されているヘッドライトも専用デザインとなりそうです。

サイドを見るとミラーの位置が修正され、サイドスカートを装備。前後フェンダーは厚みを持っており、かなりアグレッシブなデザインも予想されます。

さらに注目はホイールです。現行型「ヴィッツGRMN」でさえ4穴なのに5穴ホイールが採用されていることからも、ハブ剛性を高める必要性があると思われます。リアエンドでは、テールライトが完全に隠されておりデザインは不明ですが、リアウィンドウ真下に厚みのある偽装が見られます。これは左右がつながるLEDストリップライトの可能性もあるかもしれません。

パワートレインは、新開発の1.3リットル直列3気筒ガソリンエンジン、及び1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジンをラインアップするほか、1.5リットル直列3気筒+電気モーターのハイブリッドが設定されます。今回捉えたプロトタイプは、リアウィンドウにハイブリッドを示す黄色いステッカーが貼られているため、ハイブリッドモデルの可能性が高いようです。

ワールドプレミアは、やはり10月の東京モーターショーに期待したいです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型ゴルフGTIは「恐ろしいほどCOOLになる」。歴代最強の300馬力を発揮
欧州ベストセラーミニバンが進化。 ルノー・エスパスの改良型は内外装を一新して登場?
高性能バージョン「M235i」か? BMW「2シリーズ グランクーペ」ド派手プロトタイプ登場
Aクラス初のPHVモデル、9月デビューが決定! その強力パワートレインとは?
ピックアップトラックにも「NISMO」が設定!? ハイパワーモデルで販売強化を狙う日産
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事