川畑選手がGRスープラの素性のよさを証明。突出した戦闘力のポテンシャルを確認!(PR)

■公式戦デビューを飾ったGRスープラの戦力やいかに?

例年よりやや遅く、6月末に行われたD1GPの開幕戦で、注目の新車GRスープラが公式戦デビューを果たしました。

川畑選手が乗るTeam TOYO TIRES DRIFT – 1のGRスープラは、3月にお台場で行われたエキシビションマッチでお披露目されましたが、あのときはまだとりあえず間に合わせで走れるようにしたというだけの状態。カラーリングもきちんとされていませんでした。それが、見た目もきれいに、メンテナンスもしやすく、トラブルも出にくいようにきっちり作り直され、正式なカラーリングがほどこされて筑波サーキットに登場しました。

エンジンはトヨタ・スープラなどに使われていた2JZをHKSのパーツで3.4Lに排気量アップしたもの。ターボチャージャーは、3月にはTF08が使われていましたが、より中低速トルクを重視した特性を求めてボルグワーナー製のものに変更されています。

さて、このD1GP開幕戦、土曜日に第1戦が、日曜日に第2戦が行われるデュアルファイナルズです。まずは第1戦。梅雨の最中だけあってウエット路面で行われました。データの少ない新規車両での雨の戦いは難しいことが予想されましたが、そこは百戦錬磨の川畑選手。まず単走決勝の1本目では、リスクを冒さずに抑えめではありながら、安定した姿勢と大きめの角度で93.84というまずまずの得点で追走トーナメント進出を確実にします。2本目はそこから平均速度を上げ、95.96点をマーク。順位を少し上げて単走決勝を終えました。

追走トーナメント、ベスト16での川畑選手の対戦相手はD1GPの下部カテゴリーであるD1ライツで昨年チャンピオンを獲った石川選手。しかし川畑選手は、先行時には石川選手をしだいに引き離してスープラのドリフトスピードの高さを証明。後追い時には近い距離で石川選手にドリフトを合わせ、ウエット路面でも扱いやすいことを示して勝利しました。

つづくベスト8での川畑選手の対戦相手はベテラン日比野選手。1本目後追いの川畑選手は1コーナーで日比野選手のインを差しましたが、その先でずっと日比野選手を捕らえ続けることはできず、アドバンテージは1ptにとどまります。2本目は川畑選手が1コーナーで少しアウトに流されたこともあって日比野選手にアドバンテージを2ptsとりかえされ、逆転負けを喫しました。

川畑選手の順位は6位。川畑選手は、「全然勝てるクルマだとは思うんですけどね。もうちょっと活気よく操ってやらないとダメかなぁというのはありますね」という手ごたえで第1戦を終えました。

なお同じTeam TOYO TIRES DRIFT – 1の藤野選手(180SX)は、1コーナーへのアプローチが決まらず単走決勝敗退。Team TOYO TIRES DRIFT – 2のポン選手(86)は追走トーナメント・ベスト16で畑中選手に敗れ14位に終わりました。

『TOYO TIRES』の最新記事
久保まいさんとTEAM TOYO TIRES DRIFT 180SX
久保まいさんの浴衣にある秘密が!? 北陸カスタムカーショーでTEAM TOYO TIRES川畑真人の海外で活躍する超レアD1GPドリフトマシンを公開!(PR)
川畑号の走り2
「5年間負けなし!」王者から軽660ccまでTOYO TIRES OPEN COUNTORY M/Tはなぜここまで強いのか?(PR)
TOYO TIREのSUV向け全天候型オールシーズンタイヤ「セルシアス」なら、突然の降雪にも対応できる!
待望の「ジムニー・サイズ」195R16CがTOYO TIRESのオフロードタイヤ「オープンカントリーM/T」に新登場!
TOYO TIREが持つもう一つのブランド「NITTO」が東北カスタムカーショーで日本初リリース製品「Mud Grappler(マッド・グラップラー)」「Trail Grappler M/T(トレイル・グラップラー・エムティー)」をお披露目したワケは?(PR)
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事