ラスト・C7コルベットをド派手に装飾! 金ピカ仕様のカスタムモデルが初公開

●新型の公開を目前に控えるコルベット。現行モデルの掉尾を飾るカスタムモデルが登場

シボレーは7月にも「コルベット」の新型モデル「C8」をワールドプレミアしますが、チューニングメーカーの「TS Design」は現行モデルを金ピカにカスタムしたボディキットを初公開しました。

ベースとなっているのは、「コルベットC7コンバーチブル」で、米フロリダ州のオーナーへ制作されたワンオフモデルとなります。

「Forgiato」(フォージアート)と共同開発されたボディキットはフェンダーをワイド化し、ボディをゴールドにラッピング。キャビン内にはシートやドアトリムにもゴールドをあしらっているほか、足回りには金ピカ塗装されたフロント20インチ、リア22インチという大径Y字スポークアルミホイールを装着しています。

ただし、全身ゴールドラッピングされているわけではなく、ブレーキキャリパーはレッドに、フロントススプリッター、フェンダーのエアアウトレット、リアウィング、リアディフューザーにはブラックが採用され、スポーティなアクセントとなっているようです。

今回はエクステリアのカスタムがメインのため、パワートレインはキャリーオーバーされているようです。オーナー曰く、ノーマルのコルベットも所有しており、これは週末限定ドライブ用となるそう。確かに、それが賢明かもしれませんね。

(APOLLO)

『シボレー』の最新記事
シボレー コルベット
ミッドシップ化された新型シボレー・コルベットの量産第1号のオークション収益金300万ドルが教育団体に寄付
新型シボレー コルベットが「2020北米カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得
ヘネシー コルベット外観_001
ZR1はいらない!? 1200馬力のシボレー コルベットC8「ヘネシーチューン」が初公開
【新車】ミッドシップ化された新型「シボレー コルベット スティングレイ」がデビュー
【新車】第6世代のシボレー・カマロがさらに進化。デビュー記念の特別仕様車も登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事