【エクリプスクロス ディーゼル】トルクはガソリンの6割増し! 納得の加速感でした

●「速いけれども大人なフィーリング」になったエクリプス クロスのディーゼルエンジンモデル

三菱のSUV・エクリプス クロスに新たにディーゼルエンジン搭載車が登場しました。

エクリプス クロスは横置き4気筒エンジンを搭載した、FFもしくは4WDの駆動方式を採用するコンパクトSUVです。ちなみにディーゼルエンジン搭載車は全て4WDとなります。

ボディサイズはホンダのヴェゼルやトヨタC-HRよりは大きく(とりわけ全高)、フォレスターよりは小さいといった個性的なサイズ感になっています。全高が4405mmで全幅が1805mm、全高が1685mmです。

試乗したのはブラックエディションと呼ばれるモデル(342万4680円)。これは通常のモデルに対してフロントグリルやドアミラー、そしてアルミホイールに前後スキッドプレートなどがブラックマイカの塗装になるというものです。

エクリプス クロスの外観での特徴はリヤにあります。大きく寝かされたメインウインドウの他に、ガーニッシュを挟んだ下部にエクストラウィンドウが備わっています。

これによってスタイリッシュな外観と良好な後方視界を得ることに成功しています。

『三菱自動車』の最新記事
三菱アウトランダーPHEVが一部改良。「ミツビシパワーサウンドシステム」、地図機能内蔵の「スマートフォン連携ナビゲーション」を新設定【新車】
三菱アウトランダー
三菱アウトランダーが4WD車にも車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備【新車】
三菱エクスパンダー
三菱自動車がクロスオーバーMPV「エクスパンダー」の生産を2020年からベトナムで開始
三菱自動車RVR
三菱 RVRが最新の「ダイナミックシールド」フェイスに一新。全グレードが「サポカーSワイド」に該当
「まちエネ」が三菱自動車の協力のもと、EV・PHEVが毎晩充電し放題となるお得な電気料金プランを開始!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事