ワイヤレス充電Qiと電動オートホールドを備えた高性能スマホ・ホルダーがパイオニアから登場

●ワイヤレス充電機能を備えたスマホホルダー「SDA-SC510」

ドライブに欠かせないスマホも運転中の操作は厳禁で、「1年以下の懲役、または30万円以下の罰金」の罰則規定が2019年中に施行されます。

完全に停車している状態なら問題ないというのが一般的な解釈ですが、渋滞時やもうすぐ赤信号だからと減速時にスマホを手にとって「注視」してしまうと、NGになります。カーナビの「注視」も違反。

厳罰化が決定したからではありませんが、スマホはスマホホルダーで固定して手に持たない、カーナビ同様に「注視」しない、というのが原則でしょう。

前置きが長くなりましたが、スマホ・ホルダーの購入や買い替えを検討している人にオススメのアイテムが登場しました。

パイオニアが2019年7月から発売する車載用電動オートホールド式ワイヤレス充電スマートフォンクレイドルの「SDA-SC510」は、ワンタッチでスマホを脱着できる電動オートホールドを搭載。最大15Wの急速充電が可能なワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応しています。

『パイオニア』の最新記事
スマートフォン感覚で使いやすい! パイオニア・カロッツェリア史上最高の高画質「楽ナビ」で、秩父三峯神社の御朱印を貰いに行ってきた(PR)
車内でスマホ・アプリを安全、便利に使える2DINユニット、パイオニア「FH-8500DVS」
ヘッドレストが取り外せない輸入車や「凹型形状シート」にも取付可能な後席用モニターがパイオニアから発売
パイオニアがスマートフォンリンクの機能を強化。「Amazon Alexa」「ドライビングサポートアイ」に対応
パイオニアがBMWとMINIに対応した専用スピーカーを発売
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事