ロールス・ロイス 新型ゴーストにPHV設定へ。デジタルコックピットをキャッチ

ロールスロイスの高級4ドアセダン「ゴースト」次期型の最新プロトタイプを捉えるとともに、その室内を初めて撮影に成功しました。

2009年4月に上海モーターショーでデビューした「ゴースト」は、兄貴分「ファントム」より一回りコンパクトなボディを特徴とし、日本でも同年から販売されています。新型は11年ぶりのフルモデルチェンジとなり、第2世代へと進化を遂げることになります。

次期型では、アルミスペースプラットフォームを採用し軽量化を図りつつ、剛性や消音性が向上すると思われます。またルーフエンドからトランクリッドまで滑らかなシルエットが見てとれ、クーペテイストのボディシルエットとなり、ヘッドライト、バンパー、テールライトのデザインなどが刷新されます。

激写した室内には、センターコンソールとダッシュボード下部は現行モデルと似ていますが、「ファントム」やクロスオーバーSUV「カリナン」にインスパイアされたデザインが見てとれます。中央のワイドスクリーンはメルセデスベンツを彷彿させ、タッチスクリーンの可能性もあるほか、デジタルインストルメントパネルが期待できそうです。ディスプレイ右の時計はアナログのようです。

パワートレインは、最高出力563psを発揮する6.75リットルV型12気筒ツインターボエンジンが最有力で、8速ATと組み合わされます。駆動方式は、少なくともオプションで全輪駆動が用意されるでしょう。またプラグインハイブリッドが初めて設定される可能性も高いようです。

次期型のワールドプレミアは、2020年内に行われ、一部の開発や検証プログラミングはミュンヘンのBMW施設で行われるほか、英国ウェスト・サセックス州・グッドウッドにある本社で製造されると伝えられています。

(APOLLO)