ダッジ・チャージャーがステルス戦闘機に変身!? 「ヘルキャット オクタン・エディション」はわずか16万円高で入手可能

●「世界最速のパワフルセダン」にスペシャルなエクステリアを装備

マッスルカーとして名高いダッジ「チャージャー」に設定されている最強モデル、「SRTヘルキャット」をベースとしたスペシャル仕様「チャージャーSRTヘルキャット オクタン・エディション」が初公開されました。

チャージャーシリーズの頂点に君臨する「SRT ヘルキャット」は、0-400m加速11秒・最高速度328km/hのパフォーマンスを発揮する「世界最速のパワフルセダン」ですが、この特別仕様では最強のエクステリアを手に入れられます。

プレスリリースによるとボディカラーは「Pitch Black」(ピッチ・ブラック)と「White Knuckle」(ホワイト・ナックル)の2色を用意、両モデルともサテンブラックのセンターストライプがあしらわれ、ブラックバッジ、ダークなフロントグリルとリアスポイラーを装備。

足まわりにはレッドカラーが映えるフロント6ピストンキャリパー、リア4ピストンのブレンボ製ブレーキ、「チャレンジャーR/T Scat Pack 1320」から流用される20インチのブラック鍛造アルミホイールが装着されます。

パワートレインは、ベースモデルに搭載される6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンをキャリーオーバーし、最高出力707psを発揮します。注目はコスパの高さです。ヘルキャットの価格は67,245USドル(約733万円)ですが、わずか1,495USドル(約16万円)でこのステルス戦闘機のようなオプションパッケージを入手できるといいます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?