ここまでくるとイロイロ心配…。やり過ぎ注意なケツアゲHOT ROD【26thストリートカーナショナルズ】

ドラッグレーサーのようにトラクションを稼げるように、太いタイヤやハイトのあるタイヤを履きたい。とはいってもナロードなんて非現実的だし…。それならタイヤが当たらないように車体を上げればいいじゃん!
これが日本のHOT ROD黎明期に一大ブームになって、HOT ROD=ケツアゲ的なイメージが普及していったとか、いないとか。

そんな歴史的背景はど~でもよく、単純にケツアゲスタイルには普遍的なかっこよさがあります。
が、それも度が過ぎると…。26thストリートカーナショナルズの会場でNo.1のケツアゲっぷりは間違いありません。


運転中は体が前にズリ落ちるのではと心配になりますが、それを踏ん張るためにアクセルにも力が入るというものです。体を支えるためには常に全開。
ギャラリーから「ライトの光軸って」なんて声がありましたが、そんな事を気にしちゃいけません。オトコだろ?

何より使っているタイヤがHoosierのプロストリートラジアル。ドラッグレースでも定評があるだけにタイヤの喰いはハンパじゃないはずです。スタイリングは遊び半分かもしれませんが、チョイスは本気度100%なのが伝わりますね!

(渡辺大輔)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事