新型スープラの0-100km/h加速は、BMW・Z4 M40iより0.1秒速いと判明

●たかが0.1秒、されど0.1秒…新型スープラの「本当の」加速性能は?

トヨタがBMWと共同開発し、17年ぶりに復活した新型「スープラ」。0-100k/h加速が、兄弟車であるBMW「Z4 M40i」より速いことが「Car And Driver」(C&D)誌の調べでわかりました。

先にワールドプレミアを果たしていた「Z4 M40i」は、0-100km/h加速タイムを4.4秒と発表していました。しかしその後に発表された「GRスープラ」が4.1秒と発表すると、BMWは「実は3.9秒」と意地の(?)上方修正をしました。

ところが、C&D誌の実験によると、3.0リットル直列6気筒ターボエンジンを搭載する「RZ」の加速は3.8秒で、M40iより0.1秒早いことが証明されたようです。これは、電動開閉ルーフを持つZ4がクーペのスープラより若干重いことが影響していると言えそうです。

なお、スープラ最大の利点は、6,5590USドル(約729万円)する「Z4 M40i」に比べ、大幅に安い49,990USドル(約615万円)という価格かもしれません。

(APOLLO)

『トヨタ・スープラ』の最新記事

【トヨタ・スープラ 4気筒モデル試乗】スープラを手中に収めているような気分になれる「SZ」
コクピットがカッコよすぎます! GRスープラの市販レーサーGT4仕様は2020年に発売開始!
新型GRスープラのOEタイヤに選定された「ミシュラン パイロット スーパー スポーツ」
約43万人がGRスープラを購入!? 「GR Supra GT CUP」の決勝大会を「第46回東京モーターショー2019」で開催
【SZ-R編】トヨタGRスープラ動画インプレ/渡辺敏史「運動性能のバランスは一番!思い切りドライビングが楽しめる」
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事