「MAZDA3」も採用。東芝製HV用二次電池を自動車各社が採用する訳とは?

●採用進む東芝製のリチウムイオン2次電池「SCiB」

MAZDAが東芝のリチウムイオン2次電池「SCiB」を、「MAZDA3」のマイルドHV向けに減速時の回生システム用バッテリーとして採用したそうです。

SCiBは負極にチタン酸リチウムを使用しており、高い安全性を確保しつつ、充放電2万回以上の長寿命を有し、急速充電/大電流の出し入れに対応。-30℃の寒冷地でも使用可能な二次電池。

同バッテリーはスズキ「ワゴンR」や日産「デイズ」、三菱自の「eKワゴン」などにも採用されるなど、自動車メーカーでの採用が相次いでおり、MAZDAが採用するのは同車が初。

東芝では電池事業を注力分野に位置付けており、横浜市に新工場の建設を予定しているそうで、2030年には売上高4,000億円規模の事業に育てる計画とか。

今後は欧米の自動車各社にも同バッテリーの採用に向けて働きかける考えのようです。

Avanti Yasunori・画像:MAZDA、TOSHIBA)

【関連記事】

「アクセラ」改め「Mazda3」。社名入りのネーミングに変更した理由とは?
https://clicccar.com/2019/05/26/823562/

欧州勢がEV用バッテリーの販売拡大に向けて一致団結。開発のため7500億円を投資
https://clicccar.com/2019/05/06/804640/

トヨタのAI子会社がEV用バッテリーの「高精度寿命予測」を実現
https://clicccar.com/2019/04/01/730208/

フォルクスワーゲンがEV用バッテリー量産に向けて企業連合「EBU」を設立
https://clicccar.com/2019/03/23/725034/

独・フォルクスワーゲンが2030年に約4割をEV化する方針を表明
https://clicccar.com/2019/03/07/714580/

【関連リンク】

東芝二次電池 SCiB https://www.scib.jp/cases/automotive.htm

MAZDA 3 FASTBACK https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/?car_id=mazda3-fastback

MAZDA 3 SEDAN https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/?car_id=mazda3-sedan

『マツダ3』の最新記事
マツダ3 セダン
MAZDA3 セダンに1.5Lガソリンエンジン車が追加。222万1389円からのエントリー価格に【新車】
ハンドリングや乗り心地はどちらが良い? 走りの違いを徹底比較【インプレッサSPORT&MAZDA3比較(走行性能編)】
それぞれのキャラクターが明確な室内。その違いは?【インプレッサSPORT&MAZDA3比較(インテリア・シート・荷室編)】
走りにこだわる国産ハッチバック・ワゴン対決!【インプレッサSPORT&MAZDA3比較(車両概要とエンジン)】
MAZDA3
「引き算の美学」が世界に認められた。MAZDA3が2020年「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事